ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

借金をする人

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
借金をする人

 最近ラジオでは、過払い金返還のCMが頻繁に流れている。その中に、依頼者の声として、「借金がなくなった上に、○万円も戻ってきました。子供の教育資金にします」というのも流れてくる。
 それが嘘だとはいわないが、借金を繰り返す人には、どうしようもない人も多いのが事実である。いくつかの例をあげよう。

 かなり以前のことであるが、弁護士会のクレサラ委員会でクレサラ相談を受けていた。破産をする人については、弁護士会で決まっている報酬で破産手続きを進めることになっていた。
 しかし、報酬を一度に支払える人は、当然ながらほとんどおらず(親戚などが立て替えるといった場合を別として)、毎月1万円といったように、分割で支払ってもらうのが常態であった。

 ある夫婦が借金でどうしようもなくなり、やはり分割払いということで、破産手続きを進め、無事に免責決定を受け、事件が終了した。免責決定後、夫婦そろって「ありがとうございます。来月から1万円を振り込んでいきます」とにこやかに告げた。
 ところが、その後一度たりとも支払はなされなかった。私も二度ほど手紙を送ったが、まったくの梨の礫状態となった。
 結局、このように金銭関係にルーズな人が多いと勉強した。

 また知人の兄の債務整理を請け負ったときも最悪であった。
 知人、両親と共にその兄も事務所に来た(なぜか妻は一度も来なかった)。話を聞くと、携帯だけで連絡を取り合う闇金から高利で金を借りており、支払が滞ると家に押しかけると言われているという。
 本人はともかく、両親が動揺していた。家に押しかけてくるなどということは、まずはないから心配はないという私の説得にもかかわらず、両親は、高利であっても全額を弁済するという。

 やむなく事務所から、直ちに闇金の携帯電話に電話を入れ、弁済をすること、今後本人から借金の依頼があっても貸付をしないこと、万が一貸付をしても弁済をしないことを伝え、私が弁済金を持参すると提案をした。しかし、私が持参することには強い抵抗を示し、結局本人が弁済金を持参することになった。

 その後、しばらくして、再度相談があった。またしても、その闇金から借金をしたという。つくづく馬鹿である。私は、弁済の必要なしと説得をしたが、両親も馬鹿である。土地を売ってでも返済をするという。それなら、私のところに相談に来る意味など何もない。
 仕方なく、両親の申出どおりにしたが、借金の使途を尋ねると、フィリピンクラブにはまっており、毎晩のように通っていたとのこと。どうしようもない馬鹿である。

 さらにその後、また相談に来るという。弁済をしないという私の提案を承諾するのであれば、事務所に来てもらってもいいが、そうでなければ事務所に来てもらう意味がないと返答をした。
 両親は、そうすると暴力団まがいの者が家に来ると怯えている。そんなことはないし、万が一来たならば警察に連絡をすればよいと言っても無駄であった。
 その後聞いたところによれば、両親は先祖代々の土地をすべて売却して、アパート住まいとなったとのことであった。

 最後の例もひどい。債務の任意整理をして、親が借金を立て替えることとなった。
 私の銀行口座を教えて振り込んでもらおうとしたら、弁済をするようにと本人に渡してしまったとのこと。危ないなと思った私の感は当たった。
 後日、私のところに来た借金本人は、母親からもらった金銭で弁済をしようと思ったが、競馬で倍に増やせば、弁済もできるし母親に返済できるし、3倍にでもなれば自分の小遣いもできると考えて、母親からもらった金銭を握りしめて、競馬場に直行したとのことであった。

 というように、借金をする人、しかもそれを繰り返す人は、一般の人と感覚がずれている人が多く、過払い金が戻ってきて、子供の教育資金としたというような人は、私の知る限り少数である。

元記事

借金をする人

関連情報

破産した弁護士ってどうなるでしょうか?(法律クイズ)
彼氏に管財人が就いているってことは、破産してるってこと?(なっとく法律相談)
債務者が弁護士に破産を依頼したら受任通知はいつくるの?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。