ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで絵画のような美しさ!箱根湯本の温泉宿「星野リゾート 界 箱根」をご紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人の誰もが知る温泉の楽しみ

日本の旅といえば、やはり温泉がその筆頭。広々とした湯のなかで手足を伸ばし、ゆったりと寛ぎ暖まるのは、日本人の誰もが知る日本ならではのお風呂の楽しみ方。それになにより天然の温泉の肌触りや気持ちのよさは、日常では味わえない、旅ならではの醍醐味ですよね。

箱根は、そんな日本の温泉のなかでも、ことさら高名な温泉郷。わけても箱根湯本は、奈良時代に開湯されたという、随一の歴史と伝統をもつ名温泉です。

半露天温泉からの景色が絵画のように美しい

「星野リゾート 界 箱根」は、箱根湯本のさらに奥の奥湯本と呼ばれる森のなかに佇む、瀟洒な温泉旅館。箱根旧街道から少し離れた渓流沿いの敷地は、賑やかな湯本に近いながらも、一変して静かな別天地。辺り一帯が静謐で澄明な空気に包まれて、しっとりと落ち着けます。

全室がリバービューの客室からは豊かな自然が望め、初夏には新緑がまぶしく輝き、秋には一面が燃えるような紅葉に彩られるなど、四季折々の景色が愛でられるのも素晴らしい。窓外を流れる川の水は清く澄んでいて、木々や草花が映り込むのも美しいです。

そして「星野リゾート 界 箱根」のさらに大きな魅力が、壁一面が吹き抜けた開放感たっぷりの半露天の大風呂。古代檜の広い湯船で箱根の名湯にたっぷりと浸かりながら眺める景色は、まるで風景画の名作を鑑賞するような優美さと趣。

まさに日常では絶対に味わえない、特別なひとときが楽しめます。

東京から一走りの近さも大きな魅力

古くから知識人や文化人や欧米人たちが訪れ愛してきた箱根は、日本でいち早くに西洋料理がつくられてきた土地。「星野リゾート 界 箱根」は、そのような箱根の食文化も継承。

明治時代に親しまれた味噌風味の「明治の牛鍋」などの美味を堪能できるのも特長。近隣の海や山の幸を使った料理も、飛び切りの美味しさです。

また、箱根湯本は東京から小田原厚木道路を一走り。小田急ロマンスカーで新宿から85分というアクセスのよさも長所。周囲には芦ノ湖や富士山や仙石原や、多種多彩な美術館もあり、思い思いの楽しみ方ができるのも魅力。

ですので、今度の週末などに、ぜひ。訪れてみては、いかがでしょうか。

「星野リゾート 界 箱根」
http://kai-hakone.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP