ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝起きたら、隣に赤ちゃんが…! 「なんだこれ?」からの、「そういや僕”パパ”だった!」  by ムーチョ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妻が産院から赤ちゃんと共に自宅に戻ってきた次の朝。

寝ぼけた頭で自分の赤ちゃんを見た時、

「あれ?なんだこれ?」

と普通に疑問に思ってしまいました。

後でこのことを妻に話したら怒られてしまったわけなのですが、僕の父親としての自覚は、恥ずかしながらこんなものでした。

両親学級に行ったり、会社の先輩から育児話を聞いてたりはしたのですが、やはり10ヶ月自分のお腹の中に赤ちゃんの存在を感じていた妻との、親としての意識のギャップはかなりありましたね。

男性は女性のように赤ちゃんを体感することができないので、ひたすら勉強するしかありません。僕もはじめはいろんな雑誌やウェブサイトを読んで勉強していました。

しかし、今になって振り返ると、一番父親としての自覚を持つポイントとなったのは、とにかく子供と一緒にいる時間の長さだなあ、と思います。

父親の自覚、持つ方法はいろいろありますが、はじめはとにかく質よりも量なのかもしれませんね。

著者:ムーチョ

年齢:36歳

子どもの年齢:8歳と6歳

東京都在住。元テーマパーク系企業の人事でしたが、体調不良のため退職、その後いろいろあって現在専業主夫をやってます。主夫業の合間に描いた育児漫画ブログが注目され、漫画ブロガーとしても活動中。育児雑誌の連載なども。記事は娘たちが小さい頃の体験談です。

ブログ:カタルエ – 専業主夫の4コマ漫画ブログ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ムーチョさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

娘を連れて帰宅すると「シャー!」と歓迎!? 威嚇から始まった猫と赤ちゃんの生活
[小島慶子さん×中野円佳さん対談 第3回] 完璧ママは目指さなくていい! 家事代行なども上手に利用 
産まれた直後からスタートした「ジーナ式」。おかげで夜泣き知らずの赤ちゃんに!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP