ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーベル×Netflixドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』の美女二人に直撃!「Netflixはレコメンド機能が楽しいわよ(笑)」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マーベル×Netflixドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』の美女二人に直撃!「Netflixはレコメンド機能が楽しいわよ(笑)」

映画やドラマをオンラインで手軽にストリーム再生して楽しめちゃうNetflix(ネットフリックス)とマーベルコミックスが共闘した、実写オリジナルドラマ第2弾『ジェシカ・ジョーンズ』。スーパーヒロインを引退した主人公ジェシカ・ジョーンズ役のクリステン・リッターと、その親友トリシュ・ウォーカー役のレイチェル・テイラーが、AOLニュースの取材に応じた。「Netflixはレコメンド機能が楽しい!」と語る彼女たちに、『ジェシカ・ジョーンズ』のこと、いま話題すぎるNetflixのことなどをネホリハホリ、インタビューした。

――最初、マーベル・ユニバース? に参加が決まった時は?

クリステン:「ネトフリのオーディションがあるから受けて」と、マネージャーから電話があったけれど、その言い方が悪くて。それだけじゃ『ジェシカ・ジョーンズ』ってことがわからなかった。マーベルだったらスーパーヒーロー系は無理! と思ったら、「大丈夫、主人公は思っているのと違うから」って(笑)。それならスラップスティックコメディー系かなとも思ったけれど、オーディションを何回か受けているうちに、ダークでシリアス、いろいろなものを抱えている主人公ということを知ったのよ。

レイチェル:わたしはタスマニア育ちなので、マーベルのコミックスには触れずに育ったの。でも、『エイリアス』というマーベルコミックを再解釈した作品で、クリステンが主人公を演じることも決まっていたことに惹かれたわ。明るいところと暗いところを両方演じられる人は、彼女以外には考えられなかったから。

――それぞれ、どういう人物として受け止めて演じましたか?

クリステン:わたしが演じたジェシカは、かつてスーパーヒーローだったことでトラウマを抱えていて、そのことのために世界と距離を置いているキャラクター。だから世界を救おうと思っているのではなくて、家賃や酒代のために頑張っているのよ(笑)。

――普通のOLみたいですよね。

クリステン:その通り。まずは普通の女性を心がけて、スーパーヒーローは二次的なこととして理解したわ。

レイチェル:トリシュは子役としてスターの座を駆け上った過去があって、人気シリーズもあったのよ。でもキャリアの最後の方では悲劇的な経験をしていて、思春期だったのでトラウマになっている。母親が鬼のようなステージママで、その後は自分で努力してNYのラジオで成功を収めているの。それと最初はジェシカとの間にも何か軋轢があって、それがどう修復していくかという過程も描いているわ。

――しかし、ネトフリは使いやすいですよね! 次が観たくてしかたがない仕様がたまらんです。

クリステン:わたしもよ。レコメンド機能で勧められると、つい見ちゃうわ。

レイチェル:観たい視聴者に選択を委ねている。それってすごくいいことだと思う。

クリステン:普段なら観ないようなドキュメンタリーをいっぱい観たわ。

――うっかり観ちゃいますよね。どういうドキュメンタリーですか?

クリステン:ウォルマートがひどい低賃金で社員を働かせているドキュメンタリーを観たわ。いい内容だった。とてもひどいことをしているのよ!

レイチェル:アメリカでの銃による犯罪事件の被害者を描いた作品を観て、観ていて悲しかった。

――今日はありがとうございました! AOLニュースの読者はオタク系の方々が少なくないですが、この『ジェシカ・ジョーンズ』、どうPRいたしましょう?

クリステン:その人たちが満足する要素が、この『ジェシカ・ジョーンズ』にはあるわ。初めて脚本を手にした時、10代の男子は絶対にファンになる、そして10代の女の子はラブがあるのでファンになってくれると思った。その両方をアピールすることは難しいけれど、『ジェシカ・ジョーンズ』はF1、M1層にアピール可能な内容よ。

レイチェル:ダークでノワール的なことを強調されがちだけれど、小生意気でかわいい、笑える瞬間もあると思うので、そこは楽しめるはずよ。

『ジェシカ・ジョーンズ』は、Netflixにて配信中

https://youtu.be/mIDmrVhdKEc

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集

関連記事リンク(外部サイト)

Netflixオリジナルドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』配信記念!特別試写会に10組20名様ご招待
マーベル×Netflix第二弾にいわくつきの美人探偵『ジェシカ・ジョーンズ』!作品徹底解説&記者会見レポート

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。