ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今トレンドの大きめカールは髪質に合わせたパーマで見つける♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パーマは楽?手間がかかる?あなたはどっち?

あるアンケートでパーマをかけ続けている人は「なぜパーマをかけるのか?」という問いに対して、「パーマをかけると手入れが楽だから」という答えがありました。
逆にパーマをかけていない人に「なぜパーマをかけないのか?」という問いに対しては、「パーマをかけると手入れがやりにくいから」と答える人が多いという調査結果出ています。
これはどういうことでしょう?
お客様の中に手入れがやりにくいと思っている方と、手入れがやりやすいと思っている方がいるということになります。
そして今現在のパーマ比率が10%だとすると、単純にそうではないとしても半数以上の人がパーマをすると手入れがやりにくいと考えていることになります。

 

時代に合ったパーマがトレンドになる!今求められるパーマとは

ではなぜ? パーマは手入れがやりにくいのでしょう?
今から30年くらい昔、日本はバブル景気の真っただ中、ワンレン・ボディコンという時代にソバージュという洗いざらしのウェーブスタイルが大流行していました。その頃のパーマ比率は50%を超えていたといいます。
その当時の時代性とパーマスタイルが合っていたのではないかと思います。
そうすると今はどうでしょう?
時代とパーマスタイルが合っていないから、お客様が手入れをやりにくいと感じるのではないでしょうか?
では、時代と合うパーマってなんでしょう?
今は大きなカールのようなコテで巻いたようなパーマ感が必要じゃないかと感じています。
それはパーマの立体化です。
ソバージュに代表されるようなウェーブは、どちらかというと平面的な感じです。だからワンレング時代に合っていたと思います。
ところが今、お客様に求められているのは、立体感のあるパーマだと考えます。

 

時代が変われば髪質も変わる!ダメージヘアにも対応できるパーマ

そしてもう一つ、ソバージュの時代と変わったことがあります。
それは毛質です。
ソバージュ時代には黒髪ベースでしたが、今はヘアーカラーした髪がほとんどになってきました。ここにも時代についていけていないパーマの様相があります。
黒髪の場合、基本的には傷んでいない中身が密な毛髪です。それに比べて今のヘアーカラーの髪は、ダメージがあり、中身の粗い毛髪になっています。
当然密な方が立体感は出ます。現在は立体感が出にくい毛髪に立体感を出すパーマが求められているのではないでしょうか?
コテで巻いていれば当然髪はどんどん傷んでいきます。
早急に、立体感が出ない毛髪に立体感を出すパーマを考えていかないと、お客様はどんどんパーマをかけなくなってくるのではないでしょうか?
お客様からの相談に乗り、髪質に合ったパーマを提案できてこそ、時代に合ったトレンドのヘアースタイルが見つかるのだと思います。

古根川一弥(SCENEcomplex)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP