体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「コードの綺麗さよりも、課題解決できるか」が全て。ゼロから新しいものを生み出す起業家エンジニアの「0→1力」

アイデア100本ノック!リーンスタートアップ体験で「0→1力」を鍛える

フォトシンスを立ち上げたのは、2014年9月。それまではガイアックスでエンジニアとしてiOSアプリ開発などに携わっていました。

在職中に社内外の仲間たちとスマートフォンで家の鍵を開閉できる鍵ロボット「Akerun」を開発、これを本格的に事業拡大するために独立した格好です。ただ、ガイアックスとの関係性は今も深く、出資もしてもらっています。

2011年にガイアックスに新卒入社した当初から、同期のメンバーを中心に社外プロジェクトを組み、新規ビジネスのアイデアを考えてはビジネスコンテストへの応募を続けていました。

週末に集まっては、アイデアを考えて皆で揉んでコンテストに出す、の繰り返し。でもなかなか成果にはつながりませんでした。

しかし、昨春開催の音楽ハッカソンに出した「WeTunes」というサービスが評価され、若干バズったんです。2台のiPhoneをBluetoothを使ってペアリングすると、1台のiPhoneに入っている曲を2人同時に聴ける音楽体験共有サービスなのですが、これがバズったことで自信がつき、iPhone×Bluetoothで鍵を開閉する「Akerun」のアイデアにつながったのです。

ガイアックスは自由な会社で、やりたいことにどんどん取り組めると聞いていたので、入社を決めました。実際、いろいろなことをやらせてもらいましたね。コミュニティサイトや、iPhoneアプリ作りなど、既存ビジネスの拡大のみならず、ゼロから企画を考え、立ち上げる経験もしました。

特に3年目からは新規事業企画を専門に担当。辞めるまでの半年間ではありましたが、リーンスタートアップの考えのもと皆で100以上のアイデアを持ち寄り、リーンの指標に照らし合わせてトップ5のものをどんどん開発するといったフットワークのいい事業立ち上げも経験しました。

そもそもゼロから新しいものを生み出すのが好きなので、とてもやりがいがありましたし、「0→1力」がさらに鍛えられたと感じています。

ちなみに、当時事業化したサービスに「シニアモード」という、退職後のシニア向けの仕事マッチングサイトがあるのですが、そのシニアモード経由で現在、73歳の回路設計技術者に週1ペースで来ていただいています。

すごく的確なアドバイスをいただけるので、ありがたいですね。このサービスを開発した人すごいな~って改めて思います。自分のことなんですが(笑)。

▲株式会社フォトシンス Co-Founder 本間 和弘氏
長岡技術科学大学大学院で生物進化論的最適化手法の研究に従事。修了後、2011年にガイアックスに入社し、コミュニティサイトやiPhoneアプリ開発、新規事業開発などに携わる。社外プロジェクトで鍵ロボット「Akerun」を開発、本格的に事業展開するために2014年9月にフォトシンスの立ち上げに参画。

技術の王道ではなく「端っこ」のキャッチアップを意識する

私は世の中にないもの、面白いもの、そして本当に役立つものをこの手でゼロから生み出したいという欲求がとても強い人間だと自認しています。

だから、仕事で新規事業を企画するだけでは飽き足らず、週末などを使って社外活動でもビジネスアイディアを考え続けてきたわけです。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会