ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドミトリー初心者は覚悟しろ!女子旅人が経験したドミトリーあるある。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界一周経験者なら誰もが泊まったことのある、ドミトリー。4人部屋~8人部屋や、男女混合と種類も様々ですが、起きる出来事も毎回様々で日々驚きです。

色々な国の人と触れ合える楽しい場所でもあります。そんな、世界一周中のドミトリーで起きた出来事をご紹介したいと思います。

 

夜中になんだ?

photo by All sizes

4人部屋の2段ベッドでの出来事でした。冬のオーストラリアなのに部屋には暖房が無くブルブル震えながら、布団を頭までかぶって寝ていました。

旅の疲れもありぐっすり寝ていると、夜10時くらいに何語か分からない事を言ってたたき起こされました。

 

なんだと思ってよく聞いてると、「ここは、私のベッドだからどいて欲しい」と言っているようでした。

別にベッドの場所なんて決まっていないはずだし、私が来た時にはベッドに何も荷物が置いていなくて、綺麗な状態だったので、人のベッドだと気が付きませんでした。

 

英語でたくさん言われても、私は英語が喋れないのでひたすら「Ok.Sorry.」を言ってしょうがなく2段ベッドの上に移動しました。

朝起きたらその人が「私、今日帰るからここのベッドに寝ていいよ」と言って帰っていきました。世界にはすごい人が居るなと驚きました。

 

いびきがうるさい

photo by All sizes

修学旅行でもそうですが、部屋に一人はいびきがうるさい人がいますよね。そんな時は、その人より早く眠りにつくか、耳栓か音楽を聴くしか方法がないのがドミトリーの辛いところです。

 

ツアーではなくて一人旅行の良いところは、自分が起きたいタイミングで起きて良いところなので、いびきがうるさくて眠れなかった日は、お昼ごろまで寝ていました。

自分もいびきをかいていないか心配だったので、ブリーズライトとをつけて寝たときもありました。

 

私の食べ物はどこへ?

photo by All sizes

海外のスーパーで日本の食べ物を見ると、日本に居る時にはそんなに食べたくないのに、異常に食べたくなってしまうものです。多少、値段が高くても我慢して買って、明日の朝食べようと楽しみに日本食を冷蔵庫に入れておきました。

 

朝、楽しみに冷蔵庫を開けてみると、私の食べ物が無くなっているのです。何回探してもなかったので凄くショックでした。ドミトリーやゲストハウスは共同の冷蔵庫なので、自分の食べ物に名前を書いておかないと無くなる可能性があることをすっかり忘れていました。

 

食べることが楽しみすぎて、名前を書くことを忘れてしまいました。次の日からは、冷蔵庫に入れないで自分のベッドの枕元に置くことにしました。

 

洗濯物が消えた?

photo by All sizes

朝、顔を拭こうと昨日干しておいたタオルを取りに行ったら、自分のタオルが無くなっていました。まあ良くあることなので気にしないで次の日の朝、また同じところを見てみると、私のタオルが戻っていたのです。

 

親切なのか不親切なのか分かりませんが、しっかり使った後同じ場所に戻っていました。

誰が使ったのか分からなかったので、もう一回洗濯をして干しましたが、その日はあいにくの雨だったので結局乾かないで、その生乾きの状態で宿を後にしました。

 

消灯のタイミングは重要!

photo by All sizes

夜寝るときに電気を誰が消すのか、いつ消すのか毎回気になっていました。

一人ひとりが同じ時間に帰って来れば、寝るタイミングはだいたい一緒になると思いますが、夜6時に帰って来る人も居れば、夜11時に帰って来る人もいます。時間がばらばらなので、まだ電気をつけておくべきか、消すべきかいつも迷いました。

 

結局、自分が寝るタイミングで毎回消すことに決めました。でも、後から帰ってきた人が電気をつけて明るくて起きてしまうことが良くあったので、アイマスクをして寝ていました。

 

女子の悩み?体温調節が大切

photo by All sizes

共同の部屋なので、暖房、冷房の温度管理が大変でした。

 

温度を変えるときに聞いてくれる優しい人も居ましたが、自分にとっては寒いけど、他の人にとっては暑いなど体感温度が違うので、朝寒くて起きることがたまにありました。

なので、出発して1週間くらいで風邪をひきました。経験を踏まえて、夏でも布団を掛けて寝ることにしました。

 

まずは挨拶から

photo by pixabay

共同の部屋なので「どこの国の人が居て、どんな人が居るのかな~」と、毎回ドキドキしながら鍵を開けていました。世界共通語の英語でまずは、挨拶をして名前を言って、出身はどこ?何日間いるの?今日はどこに行くの?

 

などを最初に一言話すだけで親近感がわいて、同じ部屋に何日間か一緒にいても、気まずくなりませんでした。その後も、フルーツをもらったりお菓子をもらったりと、仲はどんどん深まっていったので、最初の挨拶はとても大切だなと感じました。

 

最初は英語が片言でしたが、新しい人と出会う旅に挨拶をするので旅行の最後のには少しだけ英語が上達しました。

 

まとめ

以上、7つのドミトリーのあるあるをご紹介しました。ドミトリーは、他の国の人とたくさん話せる機会があり、友達になれる最高の場所です。

私自身、人見知りで人とのコミュニケーションは得意ではなかったのですが、一人旅だったので人と会話することが楽しくて一人の部屋より、ドミトリーの方が好きになりました。

是非、色々な国のドミトリーに泊まってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP