ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

留学人気国のアメリカとイギリス徹底比較!(大学生活編)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Momo Nagano「まるであなたも小説の主人公?歴史ある街並みで過ごす旅【オックスフォード・イングランド(Oxford, England)】」

「英語圏で留学に挑戦したい!」と考えたとき、真っ先にどの国を思い浮かべますか? アメリカ、もしくはイギリスと、回答する人が多いのではと思います。どちらも毎年、人気の留学国ランキングのTOP3に入っているので当然かもしれませんね。

どちらも人気なので、いざ留学しようと思ったとき、アメリカとイギリス、どちらに行くか悩んでしまう人も少なくありません。留学する国や都市によって体験できる文化や習慣は変わり、その土地に足を運ばないと手に入らないものもたくさん。

そこで今回は、アメリカとイギリスの留学生活について、わかりやすくまとめて紹介します。

STUDYING(学習)

イギリス:あなたが大学で専攻する科目をとことん学びたいのであれば、イギリスは最適かもしれません。アメリカよりも授業やチュートリアルで勉強する時間が少なく、カフェを利用して自分自身で勉強する時間が多いのが特徴です。イギリスの試験は通常、春と夏に行われます。また、4年間ではなく3年間で学士号が取得でき、1年もしくは2年間の修士課程を追加することができます。

アメリカ:歴史、数学、化学といった基礎科目を終えてから学生生活が始まります。専門科目は基礎科目を学んだ後に履修するケースが多いようです。試験は、前期、後期の終了時に行われるため年2回。日本と同じで4年間で学士号を取得することが可能で、修士課程は、2年間となっています。日本人には馴染みやすい期間かもしれませんね。

Photo credit: KANA「【ニューヨーク女子旅】公園でヨガ・チェス・ランチ!ブライアントパークでの過ごし方」

LIVING(生活)

イギリス:イギリスは古くから留学国として学生たちを魅了してきました。もしあなたが、留学先としてイギリスを選ぶなら、都市部にある赤レンガで造られた昔ながらの学生寮や、郊外にあるモダンな学生寮など、いろいろなオプションから生活環境を選ぶことができます。また、どのエリアを選んだとしても交通の便はよく、エンターテイメントからショッピングまで気軽に楽しめるのが魅力的。

アメリカ:あなたがアメリカでの留学生活は、すべてキャンパスの中にあります。教室に行き、朝食を食べ、メールを確認する。キャンパスの敷地内にある学生寮では、スナックを頬張りながら、ランドリーで洗濯機を待ち、同部屋の新しい友人たちと朝まで会話を楽しむことでしょう。ここで出会ったルームメイトは、きっと生涯の友になること間違いありません。

Photo credit: Moe Yamamoto「穏やかな海と人々に囲まれた6週間のイギリス留学」

HANGING OUT(放課後)

イギリス:アメリカの都市とは異なり、イギリスの都市(特にロンドン)は、様々な顔をもっています。ボウリングや映画、おいしいディナーだけでなく、おしゃれな大人たちが集うBarやナイトクラブを楽しむことができるでしょう。イギリス特有の文化体験はあなたの世界を大きく変えてくれるはず。

アメリカ:イギリスよりもアメリカでは、スポーツを楽しむ文化が根付いているのかもしれません。サッカーやバスケットボール、そして日本でお馴染みの野球も。様々なプロスポーツをスタジアムで観戦できます。また、スタジアムでは、ホットドッグやビールなど販売しているワゴンがいっぱい。試合観戦後はクラスメイトやルームメイトと祝勝会を盛大に行いましょう!

ライター名:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける。
Photo by: KANA「【ニューヨーク女子旅】公園でヨガ・チェス・ランチ!ブライアントパークでの過ごし方」

関連旅行記はこちら

*Moe Yamamoto「穏やかな海と人々に囲まれた6週間のイギリス留学」
*KANA「【ニューヨーク女子旅】公園でヨガ・チェス・ランチ!ブライアントパークでの過ごし方」
*Momo Nagano「まるであなたも小説の主人公?歴史ある街並みで過ごす旅【オックスフォード・イングランド(Oxford, England)】」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP