ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「未完成のボカロ曲が完成した」 かにみそP、GACKT本人によるCD化への思い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
楽曲「Episode.0」でがくっぽいどコンテストのグランプリを受賞したmathru(かにみそP)さん

 GACKTは本日2011年7月13日、39枚目のシングル「Episode.0」をリリースした。同曲は一昨年の2009年12月15日に開催された、音声合成ソフト「がくっぽいど」を使って制作されたボーカロイド曲のコンテストにおいて、GACKT自身の選考によってグランプリを受賞した作品だ。

 「がくっぽいど」とは、歌詞と旋律を入力することで歌声をつくることができる音声合成ソフト「ボーカロイド」シリーズのひとつで、歌手・GACKTの声をベースに制作されている。ニコニコ動画では、2009年6月中旬から8月末まで「がくっぽいど」を使って制作した楽曲を募集して、コンテストを実施。同年12月15日にGACKT自身の選考により、グランプリ1作品と優秀作品10作品が決定した。コンテスト開催から約2年、グランプリの「Episode.0」はGACKTの手によりアレンジされ、本人のボーカルによりニューシングルとしてリリースされることになった。

 ニコニコニュースでは、グランプリに選ばれた楽曲「Episode.0」の制作者・mathru(かにみそP)さんに話を聞いた。mathruさんは、グランプリを獲得したときの気持ちについて、

「まさか『Episode.0』が選ばれるとは思っていなかったので、言葉じゃ言い表せないほど嬉しかったです」

と感動を口にした。GACKT自身がアレンジしてボーカルを吹き込んだ同曲を聴いた感想については、

「コンテストの時はまだ『未完成』だと思っていた『Episode.0』が完成したと感じました。自分のこの曲に対するイメージをそのまま汲み取って形にしてもらえました」

と大満足の表情を浮かべた。

 「Episode.0」の意味について聞いてみると、mathruさん自身が過去に制作し、ニコニコ動画で173万以上(2011年7月13日現在)の再生数である楽曲「ダンシング☆サムライ」の前世の物語だという。mathruさんは

「『Episode.1』が『ダンシング☆サムライ』で、『Episode.0』はその『ダンシング☆サムライ』までの物語」

と説明した。

 人の感情に直接訴えかけるような曲作りを意識しているというmathruさん。「Episode.0」が発売される本日13日には新たな楽曲「武思道 ~It is the way of the SAMURAI~」をニコニコ動画に投稿した。mathruさんの今後の活躍からも目が離せない。

(三好尚紀)

◇関連サイト
・39th New Single「Episode.0」 – 公式ページ
http://gackt.com/page/release_39thnewsingle/
・[ニコニコ動画]Episode.0 – 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7782619
・[ニコニコ動画]武思道 ~It is the way of the SAMURAI~ – 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15005764
・[ニコニコ動画]ダンシング☆サムライ – 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4136912

【関連記事】
弟の姉×少年Tインタビュー「マイリストに登録してくれた人たちに感謝」 ニコニコミュージカル『カンタレラ』
「学校の放送でボカロ曲かける事が禁止された」 ツイッターのつぶやきに賛否
「魂を感じて圧倒」 ボカロP制作のGACKT新譜カップリング曲
GACKT、ボーカロイドを語る「新しいクリエイターたちが表舞台に出てきた」
初音ミク、海外初ライブ開催間近 クリプトン社長「世界をつなげる『ノリ』に」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。