体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超絶進化中! インフルエンザや風邪から身を守るための『不織布マスク』代表的5種・快適度徹底比較!

IMG_5902

かいことを言えばたとえマスクをしていてもインフルエンザや風邪のウィルスを完全に防ぐことができるわけではない。しかし人間、他に何ができるというのか。せっかくの休暇期間を寝込んで過ごすことだけは避けたいと強く思うのならマスクを装着しよう。もちろん100%ではないが、確率的にはかなり減る。それでもなるべく装着していて苦しいマスクは避けたいもの。そこで最近進化が著しいと評判の代表的な5ブランドの『不織布マスク』の快適度を比較してみた。

 

ちなみに不織布(ふしょくふ)マスクというのは繊維を固めて圧着したもので、安価に生産できることから使い捨てができるので、現在の主流となっている。学校の給食当番などでかつて使用されていた洗って繰り返し使う布タイプも未だ存在するが、ウィルスの付着したマスクを再度使用してしまうことにもなるのであまり推奨されない。

 

インフルエンザや風邪のうつり方、3パターン。

(1)接触感染……文字通り触ることで感染
(2)飛沫感染……くしゃみや咳によって飛び散ったウィルスに触れて感染
(3)空気感染……同じ室内にいることによってウィルスが空気に乗って漂うことで感染

この中でマスクが役に立つのは(2)のみというのが現実だ。しかしマスクをすることによってノド・鼻などの上気道の粘膜の湿度が保たれて、ウィルスが増殖しにくくなるという効果もあるのでバカにはできない。

バイキン

とはいえマスクをするのは鬱陶しいし、息苦しい。最近はだいぶ改善されているとはいえ、できることならしたくないというのが本音だろう。そもそもマスクをしないで咳をしている人の近くにいる自分が被害を防ぐためにマスクをしなくてはならないということに道義的な怒りを感じる人も多いかもしれない。思わず咳をしている者に持っているマスクを叩きつけたくなる気持ちもわかる。

しかし感染して苦しい思いをするのもまた自分。ここはひとつ、大人になっておとなしくマスクをしよう。できることなら苦しくないマスクで、少しでも快適に電車やバス内、人混みなどのウィルスが蔓延しているだろう場所をやり過ごそう。

人混み

ちなみに息苦しいのが嫌で、たまに鼻を覆わずに口だけにマスクをしている人も見かけるが、思い切り無駄なのでやめておこう。粘膜にウィルスが付着しやすいのは、閉じられる口ではなくて、圧倒的に鼻なのだ。

ここで紹介するのはコンビニエンスストアなどで入手しやすい、いわゆる売れ筋マスク。恐らくきっと快適なものが売れているはずだと信じたい。

 

売れ筋5種の使用

■ コーワ『三次元マスク ふつうサイズ ライトグリーン』
(3枚入・90×175mm・実勢価格 税込307円)※1枚当たり約102円

IMG_6334

表面は白色ながら、内部にうっすら着色したグリーンが、何となく効き目がありそうなルックスの『三次元マスク』。駅のキヨスクでもよく見かけるポピュラーなマスク。

マスクの誤用としてもう一つありがちなのが表裏を逆に付けてしまうこと。耳掛け紐接着部が手前に来るのが正解なのを覚えておきたい。あと大方のマスクは商品名などをマスク本体にプリントしており、それが正しく読める方が外側になる。歩く広告塔の役割をさせられているようで何となく納得がいかないが…。

1 2 3 4 5次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy