体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

半年以上前に不採用だった会社から「突然の採用連絡」 応じてしまって大丈夫なの?

生活・趣味
半年以上前に不採用だった会社から「突然の採用連絡」 応じてしまって大丈夫なの?

Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が寄せられていました。相談者のkojinanaさんは、転職活動中の42歳の女性。半年前に事務職の求人に応募しましたが、面接の翌日に不採用通知があり、履歴書を返却されたそうです。

しかし最近になって、その会社から「今働いていないのなら来週から来てくれませんか」という連絡がありました。雇用期間の定めのない契約社員として、年間休日は115日。給料は15万円から、正社員との違いは退職金だけで、再面接なしで雇用してくれるそうです。
「怪しさ満載」「普通ではない」と警戒するコメント続出

相談者さんが「どうして私が今ごろ?」と疑問に思い、「私でいいんでしょうか?」と聞いたところ、先方は「今、差し迫っている状況なので…」と答えたそうです。

相談者さんは会社の雰囲気も良かったこともあり、「これ以上ブランクを開けたくないし、この年齢で事務職に就ける機会はなかなかないので、できれば勤めたい」とは思いますが、あまりにも急な話に「こんなことあるの?」と戸惑い、ネットに相談を投げかけています。

条件が合うのであれば、ためらわずに飛んでいけばいいのでは、とも思いますが、何か疑心暗鬼になっているようです。回答者からも「普通の会社なら絶対ない」というコメントがあり、やめた方がいいのではという人もいます。

「怪しさ満載ですよ、いったん不採用を言い渡した相手に、よく恥ずかしげもなく頼めますよね、どうせ勤めてないんだろうから頼んでみるか、っていう程度なんじゃないですか、ようするに甘く見られてるって事だと思いますね」(konan787-bigさん)
「普通ではないことは確かです。私ならなぜこうなったのか突っ込んだ話をして返答いただき、あまり納得できなければ行きません」(muuming2011さん)

hue2011さんは「もう一度応募してほしい、そのために履歴書をください」ではなく、半年間も個人情報を所持していたことが気になるとして、「そのような会社に身を預けてよいのか」と会社の体制を疑っています。
「良い話は常に急」と即決を呼びかける人も

その一方で、このようなケースは「珍しい話ではない」という意見もありました。ruitarouさんによると、採用・不採用には能力だけでなく「運」もあり、2名募集のところに3名来たら1名は不採用とせざるを得ず、その人を「保留」とする場合があるのだそうです。

「急に人が必要となったときに、すぐに採用するため新しく求人をする時間やコストを減らすためです。企業側に前回の面接データが残っていれば、再面接の必要はありません。特別珍しいことではありません」

いちど不採用を出した応募者を、後日採用した経験を持つ人もいました。「面接直後、急に引っ越しが決まったため、仕方なく不採用を出して引っ越し、しばらくして事情を話して雇いました」(hahaha86さん)ということです。

こういう不安があるときは熟考したいものですが、kimamaoyajiさんは「良い話というものは常に急であり、即決が求められるもの」として、すぐOKを出すべきといいます。

1 2次のページ
キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会