ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

旅作家とまこのヨーロッパ旅 −住みたくなったブタペスト−

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo Credit: 旅作家とまこ「世界一ロマンチックに夜が訪れる街。住みたい、住みたい。」

Photo Credit: 旅作家とまこ「世界一ロマンチックに夜が訪れる街。住みたい、住みたい。」

TRiPORTライターの八木彩香です! 今回は「おしゃれ」と「バックパッカー」という水と油と言っても過言ではない関係の2つを見事に融合し、「おしゃれパッカー」として世界を回る旅作家のとまこさんにインタビュー。1ヶ月にわたるヨーロッパの旅について、様々な切り口から話をお伺いしました。

−ハンガリーはいかがでしたか?
ブタペストに住みたくなりました(笑)。ハンガリーの首都のブタペストには街の真ん中にドナウ川がゆっくりと流れているんです。川風を感じながら見たエキゾチックな夕焼けは最高でしたね。あと、ハンガリーの人は何だか優しい人が多いなぁと感じました。程よい距離感を保った上品な優しさを感じたんです。例えば、わたしが普通にスーパーで買い物をしているときに、「これ、なんだろ?」と馴染みのない商品を見ていると、近くにいたお客さんが解説してくれたりしました。

ブタペストのお城から2

−それは住んでみたくなりますね! 街の雰囲気はどんな印象ですか?
地下鉄や何気なくあるカフェなど、全てにおいて個性があると思いました。古風な昔ながらの良さがあふれたアンティーク調の駅が魅力的でしたね。きっと街中をふらっと散歩するだけでも楽しめると思います。

あとは食べ物もおいしいですね! ヨーロッパは全体的に物価が高いイメージがありますが、ハンガリーは比較的リーズナブルで、大きめのクロワッサンが1個80円くらいで買えました。これがもう最高で、表面のサクサク具合に惚れました(笑)。

クロワッサン

−ハンガリーといえば温泉大国と聞いたことがあるのですが…
そうですね。世界で唯一「温泉都市」の称号を持っているのがブタペストなので、魅力的な温泉はたくさんあります。ヨーロッパ最大級の屋内スパランドがあるのも有名だと思います。こっちの温泉は日本と違ってぬるめの温度で、古い建物が使われていてすごく雰囲気があるので、ゆっくりとボーッと過ごしたいときには最高の癒しスポットかもしれません。改めて水着姿のヨーロッパの人たちを見ると、その潜在的な美しさのレベルの高さを感じました(笑)。あと、温泉の効能もすごくて、翌朝、驚くことにほっぺに手がすいついちゃったんです! ちなみに私の一番お気に入りはルカーチ温泉でした。

ルカーチ温泉…マルギット橋のブダ側のたもと近くに あるルカーチ温泉は、黄色の豪奢な建物が印象的。温泉に加えてスイミングプールと屋外プールもあります。時間帯にもよりますが、1300円前後から利用可能です。

Photo Credit: 旅作家とまこ「世界一ロマンチックに夜が訪れる街。住みたい、住みたい。」

Photo Credit: 旅作家とまこ「世界一ロマンチックに夜が訪れる街。住みたい、住みたい。」

ドナウ川と共に、ゆっくりと流れる時の中での暮らし…。とまこさんが楽しそうに話す様子を見て、筆者もブタペストへの憧れの気持ちが高まってしまいました。温泉好きの人には特におすすめです。とまこさんの旅はまだまだ続きます。

取材・文:八木彩香
写真提供:とまこ

関連旅行記はこちら

*旅作家とまこ「世界一ロマンチックに夜が訪れる街。住みたい、住みたい。」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。