体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リーマンショック真実の物語を描く『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

マネー・ショート 仮メイン resize1

ブラッド・ピットが、映画『マネーボール』に続いてプロデューサーをつとめ、アダム・マッケイ監督が映像化に挑んだ新作映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が2016年3月より公開されることがわかった。

世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人のアウトローたちの真実の物語。00年代、好景気に湧くアメリカで、住宅バブルに隠された危険な「時限爆弾」に気づいたたった4人が仕掛ける、最高にエキサイティングな戦いが、今始まる。

本作は『マネーボール』の作者であり、アメリカを代表するベストセラー作家・マイケル・ルイスの『世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち』を原作としている。ウォール街の巨大金融機関を敵に回す4人の型破りな金融マンには、クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットといった人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドを代表する豪華キャストが集結。
12月11日の北米公開に先駆け、海外メディアからは早くも絶賛の声が相次いでおり、12月10日(現地時間)に発表される本年度ゴールデン・グローブ賞へのノミネートにも期待がかかっているとのこと。
まさに来シーズンのベスト作品候補として見逃すわけにはいかない一作。原作を読みつつ、公開を待つのも良いかもしれない。

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 (原題:The Big Short)
2016年3月TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開
出演:クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット
監督:アダム・マッケイ
脚本:マイケル・ルイス、アダム・マッケイ、チャールズ・ランドルフ
原作:マイケル・ルイス「世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち」(文春文庫刊)
コピーライト:(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 
上映時間:130分 
オフィシャルサイト:http://www.moneyshort.jp

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy