ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

温かな灯りが夜空に舞う「津南雪まつり」!新潟のイルミネーション3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小さな熱気球のようなランタンを参加者が一斉に空へ放つ、ロマンチックな催しの第40回津南雪まつり、新潟駅南のけやき通りが、約26万球のLEDで輝くNIIGATA光のページェント。

使用済みペットボトルで作ったツリーと、約7000個のシャンパングラスがきらめくツリーが登場する国営越後丘陵講演のウインターイルミネーションなど新潟では今年も楽しみなイルミネーションのイベントが開催されます。これからに備えてぜひこちらをチェックしておきましょう。

1.第40回津南雪まつり

ふわりふわりと舞い上がる温かな灯りを新潟の夜空へ放って。

夜空へ向けて打ち上げられる夜「スカイランタン」。

スカイランタン引換券は限定数販売、日時・価格未定(前回は1つ500円、当日夕方発売)。

第40回津南雪まつり

開催★2016年3/12(土)

会場★ニュー・グリーンピア津南

スカイランタン打ち上げ★時間未定

ショーイベントも予定されている

雪に親しむ催しが日中から満載

例年、グルメや土産の露店もずらりと並ぶ

大きなかまくらや雪灯籠も広場に設置予定

日中から会場は雪遊び広場や露店で賑わい、日没後の目玉はスカイランタンの打ち上げ。小さな熱気球のようなランタンを参加者が一斉に空へ放つ、ロマンチックな催しに参加しよう。 第40回津南雪まつり

TEL/025-765-5585(津南町観光協会)

住所/新潟県中魚沼郡津南町秋成12300

アクセス/電車:JR津南駅よりタクシーで30分

車:関越塩沢石打ICより1時間

駐車場/1000台(臨時P含む)

「第40回津南雪まつり」の詳細はこちら

近くの温泉や食事を一緒に楽しむのも○

クアハウス津南(会場より車22分)

寝湯や打たせ湯があるバーデゾーン

裸で入る温泉浴場に加え、持参した水着を着て男女一緒に遊べるバーデゾーンやプールにも温泉を使用している。雪景色を望む窓を備えたサウナも好評。

津南観光物産館(会場より車22分)

地元野菜から作るジャムや雪下にんじんのケーキも人気

ご当地グルメのタレカツ丼や熟成肉メニューなど多彩

津南発祥「雪下にんじん」の甘いジュースや魚沼産こしひかりなど地元名物がずらりと揃う。妻有ポークが味わえる食事処「とんかつ つまり」も併設。

2.新潟駅南・けやき通り

約200本のけやきがイルミネーションで暖かく輝く。

見るだけでなく参加できる仕掛けも用意

 

「NIIGATA光のページェント」

開催★12/4(金)~翌年2/14(日) 16時30分~翌1時

新潟駅南のけやき通りが、約26万球のLEDで輝く。12/4の点灯式には、飲食ブースが並び、サンタクロースからのプレゼント企画も予定している。お子さんへサンタさんからのプレゼントをもらいに出かけてみてもいいかも。 新潟駅南・けやき通り

TEL/025-243-1546(NIIGATA光のページェント実行委員会/10時~15時)

住所/新潟県新潟市中央区笹口~米山、天神2丁目

アクセス/北陸道新潟西ICより15分

駐車場/周辺有料駐車場利用

「新潟駅南・けやき通り」の詳細はこちら

3.国営越後丘陵講演

冬にきらめく、雪とイルミネーションの光の贈り物。

きらめきの大けやき

「ウインターイルミネーション」

開催★12/5(土)・6(日)・12(土)・13(日)・19(土)~27(日) 16時~21時

使用済みペットボトルで作ったツリーと、約7000個のシャンパングラスがきらめくツリーが登場。公園のシンボルツリーの大けやきにも光が灯る。エコなアイディアで演出されるイルミネーションのイベントを楽しもう。 国営越後丘陵講演

TEL/0258-47-8001(越後公園管理センター)

住所/新潟県長岡市宮本東方町三ツ又1950-1

アクセス/関越長岡ICより10分

駐車場/2000台(イルミネーション期間中は無料)

「国営越後丘陵講演」の詳細はこちら

まとめ

以上、新潟のイルミネーション3選を紹介しましたがいかがでしょうか。それぞれユニークで特徴のあるイルミネーションになっていますのでカップルやご家族みんなで楽しみに出かけてみてはどうでしょう。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

今年初開催のイルミは必見!JR大分駅周辺で冬デートを満喫しよう
絶対外さない冬デートの定番!大分でおすすめのイルミスポット6選
冬のデートには外せない!恋人と見たい福岡のイルミスポット11選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP