ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【飛べないブルー・バード】青い鳥ラーメンを食してみた @『ラーメン青い鳥』相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ao-12_R

今回は筆者が今一番気になるラーメン屋さんを紹介してみましょう。その名もズバリ

『ラーメン青い鳥』

で御座います。まず、そもそもがラーメン激戦区と言う割には、超絶旨いラーメン屋があるのか悩ましい微妙な”相模原市”と言う地域において、何気に昔から営業している謎のラーメン屋さんです。

『ラーメン青い鳥』

ao-1_R

そのネーミングから”スナック”の類かと思われがちな『ラーメン青い鳥』ですが、看板にラーメンと書いてある通り、れっきとしたラーメン屋さんです。

美味しいか不味いかはさておいて、とりあえずラーメン屋さんだらけの相模原で昔から営業していると言う事は、きっと何かしらの魅力があると筆者は考察してみた次第です。

ちなみに『ラーメン青い鳥』の公式ホームページを見ると、なんでも町田で20年培った味との事。焼干、昆布、野菜、鶏などでスープを作っているそうで、心温かい昔懐かしい味を目指しているようです。

そしてラーメンの味とは関係ありませんが、この公式ホームページの店主の写真が若い!

つまり町田で20年プラス、相模原でも長いキャリアを積んでいるので、コレはもしかしたら期待出来るのではないでしょうか?

餡かけ系がイチオシである!

ao-2_R

とりあえず『ラーメン青い鳥』に関する予備知識ゼロで訪れた筆者ですが、まずは『ラーメン青い鳥』の得意とするラーメンをメニュー表から推察します。

ん~。

とりあえず”餡かけ的な何か”が多いようなので、恐らく餡かけ系のラーメンがイチオシと読みました。

相模原的には”ラーメン一杯650円”くらいがジャスティスなので、普通のラーメンが600円は安いかもですが、この『青い鳥ラーメン』は900円と割と強気な値段で攻めていますね。

『青い鳥ラーメン』を所望する!

ao-3_R

そして数ある”餡かけ系ラーメン”の中で筆者がチョイスしたのは、この店の名前を取った『青い鳥ラーメン』で御座います。

お値段も相模原にしてはセレブな価格なので、恐らくゴージャスなラーメンがドーンと来てバーンみたいになるはずです。

ao-4_R

結果、こんな感じの『青い鳥ラーメン』で御座います…

ん~…。

筆者の第一印象としては「丼がなまら深い」みたいなツッコミは入りますが、900円のラーメンにしてはインパクトは薄目な予感です。

この餡かけだけの為にプラス300円をどう思うかは、貴方の心の中にあると思いますが、筆者的にはブルーな気持ちになってしまう可能性は否めません。

猫舌殺しの”餡かけ系ラーメン”

ao-6_R

そして、何より筆者にとって恐怖なのは”餡かけ”による保温効果で御座います。

ただでさえアツアツのラーメンが、表面の餡かけのおかげで永遠に冷めないと言う、まさに「猫舌殺し」なラーメンなのです。

まあ、そこら辺は生来の猫舌である筆者と、この『青い鳥ラーメン』との相性って事なんですが、分かっていたとは言え、あえて言おう!

「熱くて食べられない!!」

と。無論、冷めてしまったラーメンよりは熱々で食べられないくらいの方が幸せなのですが、猫舌の分際で餡かけ系を攻めるのは自爆以外の何物でもありません。

さっぱりスープの『青い鳥ラーメン』

ao-5_R

熱々の餡かけは厳しいので、とりあえずラーメンのスープを頂いてみました。

う~ん…。

コレは淡麗系と言うかサッパリ系と言うか薄味ってか味薄いと言うか微妙なニュアンスのスープですね。

筆者的にはピンと来ないスープですが、強いて言うなら化学調味料は使ってない予感です。

このスープの甘味は野菜から来る自然な甘さで、比較的濃い目なラーメンが多い相模原においては貴重な存在かもしれません。

ao-9_R

しかし確かに、昔はこんな感じのラーメンスープもちょいちょい食べられた時代がありましたが、昨今のラーメンスープの進化を考えると、ちょっと難しい所があるかもですね。

麺の方も比較的細めな、いわゆる”中華麺”みたいな感じで、特筆すべき点はありませんが、逆に可もなく不可も無い麺として受け入れられます。

ao-8_R

昔懐かしいラーメンを狙ったとの事なので、方向性としては合っていると思われます。

キクラゲにコダワリを感じる一品

ao-10_R

さして褒める要素が見当たらない『青い鳥ラーメン』ですが、この”キクラゲ”はイイ感じですね。

やはり中華系の餡かけには”キクラゲ”が必須かと存じます。

しかし!

ao-11_R

ピーマン、テメーは駄目だ!!

いや、むしろ野菜炒めにおけるピーマンは有りか無しかと言われたら、あってもいいような気はしますが、ラーメンにピーマンは合わないと思うのですが、そこら辺どうなんでしょうか?

明らかにピーマンの味と言うか苦味だけが突出してしまい、せっかくの”餡かけ”とラーメンの一体感が崩壊してしまいます。

ちなみに筆者はピーマンは好きなのですが、やはりラーメンにはちょっと遠慮して頂きたいと思った次第です。はい。

ao-7_R

あと肉がちょっと少ないんじゃないかな~みたいな、むしろ値段を考えたらこの3倍くらいの豚肉が入っているべきじゃないかと思いました。

餡かけが入る事で、チャーシューが削除されたのですから、そのくらいの”肉っぽさ”は必要かと存じます。

『青い鳥ラーメン』 総評

ao-13_R

正直、スマンかった…。

今回はラーメンの味と言うよりは、その店のネーミングと言うか『ラーメン青い鳥』と言うミステリアスな雰囲気を確かめたかっただけで訪れました。

いや、でも割と昔からあるラーメン屋さんなので、もしかしたらスゲー美味しいんじゃないか?みたいなロマンも感じたのですが、結果こんな感じで終わってしまい、色々な意味で誠に申し訳ありません。

しかし!

何気に『ラーメン青い鳥』の前を通る度に、どんな店なのか気になっている相模原市民は少なくないと思うので、そこら辺のニッチな需要に答えたと言う意味では、それなりに意味があったんじゃないかと思いたい自分が居ます。

特にコレと言ったモノは掴めませんでしたが、とりあえず化学調味料や脂も少な目な”健康嗜好”のラーメンとして評価したいと思います。

若干、値段も全体的に高設定だし、餡かけラーメンに”ワカメ”とか全然合わないし、ピーマンの存在については一言申したい筆者ですが、それも『青い鳥ラーメン』の個性として受け入れる寛容さは、きっと相模原市民なら誰もが持ち合わせているはずです。

また、最近はラーメンに関してはブロガーの方達も様々なラーメン店を攻めまくりなのですが、この『ラーメン青い鳥』に関しては”暗黙の了解”と言うか”情報が非常に少ない”と言う現実を考えると、レポるまでも無く”お察し”なのですが、あえてタブーとされる”禁断の領域”に踏み込む行動力は、情報を発信する側の人間には必要かと存じます。

それでは、是非みなさんも『ラーメン青い鳥』で昔懐かしい味の『青い鳥ラーメン』を食べてみて下さい。

『ラーメン青い鳥』

神奈川県相模原市中央区横山3-16-6

営業時間 11:30~21:00
定休日:月曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。