ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デザイナーにしかわからない「15のコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファッション、グラフィック、ウェブ、インテリア、環境、都市、空間など。これらに続く下の句「デザイナー」。あらゆるデザイナー職の人たちが、共通して抱えている悩みを、当のデザイナー集団「Creative Market」が、イラストに興しています。
彼らならではの“あるある感”。きっと、分かる人には分かるはず!

01.
想像力、ときどきランチ
デザイナーの頭の中

想像力、価格設定、Helvetica以外のフォント、PANTONEの色見本、空想、ショートカット、それとランチなどなど。

02.
フォント(書体)選びすら
絶対手を抜かない

バリエーション豊富で、今日の世界で広く使用されている書体のひとつが、「Helvetica(ヘルベチカ)」だと言われています。これ以外の書体を見つけようと、必死で探しているウェブデザイナー、すでに6,532フォント見終えた頃には…。

03.
デザイナーという仕事は、
発明家に近い?

「クライアントがさあ、ロゴを新しい色に変えてくれって言ってきたんだ。それも、まだ誰も見たことないような色にしろだって!」
「仕事中に私たちが飲んだって、許してもらいたい理由はまさにそこよねー」

04.
子どもの出産に立ち会える確率?

「先生、お願い!もう50ドル払うから、あんまり時間かけずに赤ちゃんを取り出してくれないか?」

05.
PSDファイルはレイヤーの束

「キミ、相当いたんでるね。大丈夫かい?」
「そうなんだよ、もうこの夏だけで50回は書き換えられてるからね…」

06.
つねに、“無茶ぶりの嵐”
それがデザイナーという仕事

「しっかし、クライアントもここから『ゾウにしろ』だなんて、よく言うよ!まったく。しかも、明日までだぜ」

07.
常に時代の先端を捉えている、
そのイメージに苦しむことも

「あれだろ、今も家で作業する時だってオシャレしてんだろ?」
「もちろんさ。もう身についた習慣みたいなもんだよ」

08.
視覚に入ってくるものを
ビジュアルとして捉えてしまう

「おい、何だ?いったいあのフォントは?しかも、ちゃんと文字間隔まで調整してあるじゃないか!」

09.
状況によっては、
クライアント意見優先

「あと、ほんのちょっとだけロゴを大きくできないかな?」
(もう十分大きいでしょうが…)

10.
色見本帳やカラーIDが
インプットされている

「色違いが欲しいんですけど。えっと、Pantonの18-1438番がいいんだけど」

11.
ときには、
接待交際費がかさむことも

「ああ、それ?確かクライアントとの接待ですよ。彼らにだいぶ飲まされちゃって…」

12.
職業柄、すぐに
プロダクトが分かってしまう

「まあ、キレイなバラ!」
「な〜んだ、彼、パピルス使ったのね」

13.
古代壁画の時代から
クリエイティビティは
発揮されていた!はず。

「う〜ん、なんだろう。いまいち、ドキドキするようなものに欠けている気がするんだよね」

14.
重要な案件を扱っていても
なかなか、理解されにくい

「悪いけど、誰かがあなたのPCに触れたからって、クビにすることなんてできないわ」
「本気で言ってんのかい!?」

15.
お客さんとのミーティング中は…

(もう、今までに60バージョンも代案出してきたってのに。この仕事辞めてバーテンダースクールにでも通うか〜?遅いかな?)

簡単には理解されにくい、デザイナーという専門職。そもそも、このイラストだけで、彼らのすべてが言語化できている訳でもありません。やっぱり、この職種はプロダクトで魅せる。そこに尽きますよね。

Licensed material used with permission by Creative Market

関連記事リンク(外部サイト)

英語の意味をまちがえると、こんなに恥ずかしい(イラスト8枚)
【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!
「この紙に、絵を描いてくれませんか?」熱望するファンに対して、ピカソがとった行動とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP