ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラフトビール 麦汁など小さな違いにこだわり醸造所増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビール系飲料の出荷量は2014年まで10年連続で縮小しているが、そんな状況下でも若者に人気急上昇なのがクラフトビールだ。厳選された材料とこだわりの製法で少量生産される手作り系ビールを指す。販売額は307億円(2006年)から今年度は383億円へと25%拡大する見通し(大手以外の醸造所・富士経済調査)。熱視線を集めるのはなぜか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏がレポートする。今回訪れたのはキリンビールの子会社が運営するクラフトビールの店、スプリングバレーブルワリーだ。

 * * *
 代官山駅から4分ほど歩くと、「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)東京」(以下SVB)が見えてくる。

 店内に一歩踏み込むと、右手には仕込み釜、左手には大きなタンクが7本。釜の中では麦汁とお湯がとろりと混ざり合い、湯気をたてている。何という臨場感。まるで工場見学の感覚だ。

「まずは仕込みの様子がいきいきと伝わるようにと、入り口付近に釜とタンクをレイアウトしました」

 と語るのはマーケティングマネージャーの吉野桜子さん(33)。SVBをゼロから企画立案してきた中心スタッフの一人だ。
 
「製造工程を“見える化”したくて、ガラス張りのタンクも特注で作りました。また、1階だけでなく2階の客席脇にもタンクが14本並んでいて、どの席に座られても製造風景が目に入ります」

 その口調からは「工場での大量生産品ではない、ここでしか飲めない生まれたてのビールを生産過程から丸ごと味わってもらいたい」という意気込みが伝わってくる。

 客席は215席。店舗面積の約2割を、製造設備が占めているユニークさ。実は、客席とビール製造設備がここまで一体化した空間は、吉野さんが見た限り、世界広しといえどもここしかないと言う。

 SVBは、大手ビール企業の中で真っ先にクラフトビールのヤッホーブルーイングに出資したキリンが、今年春、東京と横浜に独自に開設したブルワリー(小規模ビール醸造所)併設のビアレストラン。オープンから10月末までの間、来場数は約18万人と当初目標を上回る勢い。

「世界各国から醸造家の方々も視察に訪れています」

 メニューを眺めると、キリンの代表的銘柄、あの「一番搾り」が見あたらない。代わりに「496」「インザダーク」「デイドリーム」「ジャズベリー」……物語風の名前のクラフトビールがズラリ。定番は6種類。全て風味が違う。焦げ茶色もあれば黄金色、白っぽい液体とさまざま。濃厚なホップの匂い、コーヒーのような芳ばしさ、白ワインのようなフルーティーさと香りもバラエティ豊か。

「6人のブリュワー(醸造家)が、それぞれ創りたい6つの世界を徹底的に追求したビールです」

 と吉野さんは言った。

「従来のビールのカテゴリーにはあてはまらない風味を、先入観の無い状態で味わっていただければ嬉しいです」

 カウンター上の銀色の筒のような装置も目を惹く。

「ホップやフルーツ、ハーブをお好みで加えてカスタマイズできるビアインフューザー(高機能サーバー)です。最初はロボットのように巨大でしたが、試作を繰り返してここまでスリムになりました」

 この装置もSVBの完全オリジナル。「構想からSVBの完成に3年半かかりました」と吉野さんは振り返った。世界唯一、ここにしかないユニークさが詰まったSVB。

 炭酸の強さ、ホップの種類、麦汁の濃さ、アルコール度数。種類によって全て違う風味だ。凝ったネーミングにも各々の物語が織り込まれている。「小さな違い」にこだわり「違い」を明快に表現することで、消費者は「自分と相性ぴったりのビール」を選び出すことが可能になった。

 日本より一歩早くクラフトビール人気に火が点いたアメリカでは、ビール市場でのシェアが毎年二桁成長を続け14%(2014年)へと膨らみ、2020年には20%という予測も耳にする。日本でも今年は「クラフトビール元年」と言われ、醸造所の数が増加中だ。

 大量生産大量消費の時代は終わり、舌触り、香り、色、素材など、五感で作り手の想いを細やかに受け取る時代がやってきた。「SPRING VALLEY BREWERY」は、そんな時代の空気を充満させたクラフトビールを、釜やタンクのある前衛的空間と共に提供し、ヒット商品となったのだ。

【プロフィール】山下柚実(やました・ゆみ):五感、身体と社会の関わりをテーマに、取材、執筆。最新刊は当連載から生まれた『なぜ関西のローカル大学「近大」が、志願者 数日本一になったのか』。その他、『都市の遺伝子』『客はアートでやって来る』 等、著書多数。江戸川区景観審議会委員。

※SAPIO2016年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
毎日30種の樽生ビールが揃うお店 一律グラス480円が嬉しい
地ビール飲むときは「ゆるゆると味や香りを楽しんで」と店主
本田圭佑モノマネのじゅんいちダビットソンが勧めるビール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP