ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シングル発売のSexy Zone 5人がこれまでと今後の展望語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 紅白歌合戦の出場も決まったSexy Zoneが、よりパワーアップして強烈な輝きを放っている。

 デビュー5周年イヤーに入り、12月16日に発売する10枚目のシングル『カラフル Eyes』の発表イベントも大盛況。待っていたファンの熱烈な歓迎を受けている。

 イレギュラーな活動時期もあったが「あれは失われた時間ではなく、未来を信じ、未来につなげた時間。ぼくらの絆が強くなるため、成長のために必要だった時間」という答えが返ってきた。Sexy Zoneが名実共に「選ばれた5人」なのだということが、その言葉に全て詰まっていた。

 中島健人(21才)は、5周年を迎え、アイドルの真髄を感じているようだ。

「状況がどう変わっても、ぼくのスタンスはJr.のころから変わっていません。何事にも全力でマジで! これが全てです。新曲発表イベントの日はぼくにしては珍しく緊張してましたね。MCでおとなしかったといわれましたが、スペイン語のテストを受けた直後だったからかな、時差があったのかもしれませんね(笑い)。

 5周年イヤーにはいっていま改めて思うのは、当たり前のことが幸せだということ。辛いことがあっても笑顔でいる、それがアイドルだということ。頑張った先でもう一歩無理をすることこそが成長に繋がると信じてます。そうしてこれからもSexy Zoneって名前は守り抜いていこうと思います」

 佐藤勝利(19才)は、自分の背負った責任を感じているという。そして、5人の固い絆を痛感したようだ。

「先日の新曲イベントの前後で、それまでも信頼し合っていると感じていたメンバーの関係性が、もっともっと縮まったことに驚きました。ぼくはSexy Zoneとして日本をもっと応援したいし、ビッグな世界的なプロジェクトにしたいので、特に松島やマリウスの存在を心強く感じてるんです。あの2人の存在感はデカイですよ。

 でもデビュー当時は正直、何も考えてなかった。未熟でした。皆さんには背負ってるとか悲壮感あるとかいわれることもありますが、当たり前でしょ! ぼくがやらなきゃ誰が変えていくんだ! って思ってる(笑い)。でもそんなのメンバー全員思ってます。背負えないヤツなんてSexy Zoneにはいませんから」

 5人の結束力を感じている菊池風磨(20才)は、意気込みと共にソロライブの思い出も振り返ってくれた。

「自分たちがステップアップするために頑張ってた期間があったからこそ、今の我々があって、10枚目のシングルも5周年もここまで盛り上がってるのかなと思っています。デビュー当時はこの5人っていわれて違和感あったけど、Sexy Zoneがこのメンバーでよかったなって今心から感じますね。

 ずっと意識してたのは、来るべき時が来たらグループが失速していないようにもっときちんと土台を作っておくこと。それができたんじゃないかと今はホッとしてます。でも、ソロライブに関しては“見直した”とよくいわれて。おれ、どんだけハードル下げてたんだ?って…心外でしたけどね(笑い)」

 松島 聡(18才)は、根強いファンと独特のキャラを発揮しているバラエティー番組について思いを語ってくれた。

「ぼくもマリウスも『ガムシャラ』やクリエなどで個人のスキルをあげる現場をたくさん経験させてもらってから10枚目シングルのイベントがあって、5周年イヤーに入らせてもらえるのがすごく嬉しいです。

 自分自身、成長を実感しましたし、ぼくのファンも強い子だけが残ったかな(笑い)。最近バラエティー番組によく呼んでいただくのですが、抜けてるのが売りなんで、ぼくは(笑い)。これからも勉強してどんどん出て行きたい。大学入試に向けては自分でもすごく努力したけど、もし結果が出せなくても大好きな仕事があるし、前向きにとらえています」

 マリウス葉(15才)は、『ドリームボーイズ』で経験した一人の輝きが忘れられないようだ。お母さんからもらったアドバイスまで教えてくれた。

「この1年、とにかくぼくは『ドリームボーイズ』に出させていただいたことが大きかった。ほかの4人のメンバーに負けないぞって気持ちでやって、勝てたような気が(笑い)。え、違いますか? でもいままでの仕事でいちばん楽しくて自信になりました。

 お母さんからは『初日は気が張るのは当たり前、2日目がホントの初日だから』とアドバイスをもらいました。人が輝けるのって1人の時なんですよね、5分の1じゃなくて単体。

 だからそんな時期を経験させていただいて、心からありがたいなって思ってます」

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
2013年本屋大賞ノミネートされて映画化も決まった名作が文庫化
JJYのジュンスの双子の兄JUNO プロ野球選手目指していた
眼鏡がよく似合う謎の美女 祥子の事をもっともっと知りたい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP