ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松尾雄治 親父に学んだ人生訓「勘のないヤツは成功しない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人生には忘れることのできない存在が必ずいる。今の自分を作ってくれた恩師の姿は、温かな記憶とともに甦る。スポーツキャスターの松尾雄治氏(61)が、ラグビーの道へ進ませてくれた2人の恩師について語る。

 * * *
 私には恩師が2人いる。1人目は親父だ。名前を松尾雄という。私が雄治で、弟が雄吾、雄太、雄介。やけに「遺伝」を重んじるちょっと変わった人だった。

 小さい頃から、親父には「勉強なんかするな。お前には運動しかない」といわれ続けてきた。それは親父が勉強ができず、お袋もそれに輪をかけてできなかったためで、その子供の頭がいいはずがないからだった。「勉強すると運動能力が落ちる」、「勉強で頭を使うとマイナス思考になる」と、まあ色んなことをいっていたが、とにかく「勉強ができないのは遺伝だ」の一点張り。

 親父は立教大ラグビー部出身だったので、「鉛筆を持つ時間があればラグビーボールを持て。ラグビーの仲間さえいれば人にとって大切なことは学べる」が持論だった。

 そのため私は、幼稚園から大学までエスカレーターで進める成城学園に入れられた。個性尊重の校風で、あまり勉強ができなくても進級できたからだ。しかし私が高校1年の時に急に学校の方針が変わり、成績が良くないと進級できなくなった。これを聞いた親父が怒ってね。学園長と大喧嘩し、私は退学になってしまった。まァ親父は私に教科書も持って行かせなかったのだから、そりゃダメだと思う(笑い)。

 親父は「自衛隊でラグビーを続けろ」といい出したが、中学の卒業証書しかない経歴で受け入れてくれるはずもなく、しばらくブラブラしていた。

 そんな時に出会ったのが、もう1人の恩師である明大ラグビー部の北島忠治監督だ。八幡山の明大グラウンドで練習を見学していた時に声を掛けてもらい、練習に参加させてくれた。その時の約束は「1日でも休んだら二度とラグビーはさせない」というもの。私は約束通り、1日も休まず練習に参加した。

 その時点での学歴が高校中退だった私に、高校編入の便宜を図ってくれたのも北島監督だ。明大に練習に来た目黒高校ラグビー部の梅木恒明監督に「預かってもらえんか」と頭を下げてくれ、翌日から私は目黒高校に通えることになった。もちろん目黒高校でもあまり勉強はせず、ラグビーに明け暮れた。そして明大に進み、また北島監督のお世話になった。

 北島監督からは「正義」を教えられた。「正々堂々と戦え」、「汚いことをして勝っても意味がない」、「グラウンドに出たら自分自身がレフェリーになれ」、「日常生活ではキャプテンになれ」……私は全力プレーをモットーとしてきたが、それも北島監督の「相手に失礼がないように力を出し切れ」という教えからだ。このように北島監督には色んな人生訓を教わった。

 考えてみれば、親父が学校と大喧嘩しなければ、ラグビーの恩師である北島監督に出会うことができなかったし、明大ラグビー部も目指さなかった。親父が私と北島監督の出会いを演出したともいえるわけだ。親父には感謝している。

 そういえば親父からも人生訓を学んだ。「人が生きるのに一番大切なのは勘。勘のないヤツは成功しない」。とにかく変わった親父だったと思う。

●まつお・ゆうじ(スポーツキャスター)/1954年東京都生まれ。小学校からラグビーを始め、1975年に明大を初の日本一に導く。新日鐵釜石では1979年から選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権で不滅の7連覇を達成。

※週刊ポスト2015年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
92年ぶり五輪復活のラグビー IOCへのロビー活動は一切なし
大学ラグビー 帝京等の新興に早明慶ら伝統校が誇りかけ人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP