ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【これは酷い】4歳児にトラックを運転させた結果(笑)! 極めて耐久性が高いボルボのトラックが(笑)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボルボ社は耐久性・安全性に優れていることで知られている。ボルボの母国、スウェーデンでは森の王様ヘラジカ(通称:ムース)が車に突っ込んでくるため人身事故が後を絶たない。

2020年までのヘラジカによる人身事故ゼロを目指し、日々進化している。そして、さらなる高い耐久性を求め、新しくVOLVO FMXを生み出した。

・ボルボがFMXに用意した最大の障害物は4歳児
いかにパワフルで耐久性、安全性に優れているかを実証するために、障害物を多数設置した実験コースを用意。そのコースを運転するのはなんと4歳の女の子、ソフィーちゃん。運転免許も運転経験も無い4歳の女の子が、どうやって大きなトラックを運転免許するのか。

それはなんとリモート操作。手にしたコントローラーを使い、思いのまま右へ左へ動かすソフィーちゃん、ハンドルについた機械がその通りにFMXを運転する。

・4歳児 VS. FMX
映像の冒頭ではブロンドのキュートな女の子ソフィーちゃんが、あっけらかんと「右へ左へ、前に後ろに、ただ動かしただけよ」と語っている。コースにはクレーン車で吊るされコースを横切るように揺れる大きく”CAUTION”と書かれた木箱、通ると火薬が爆発する仕掛けにかわいらしいフラミンゴが並ぶ池。

設定された障害物を一応避けながら運転しようとするソフィーちゃん、とは言え若干四歳児。彼女の予想とは裏腹に片輪が縁石に乗り上げたり、崖から落下して一回転、仕舞にはまっすぐ走っているつもりがブロック塀でできた家につっこむ始末。

・世界中からの「なんてこった!」
ソフィーちゃんの実験動画と同時に解説動画もYouTubeで同時公開された。詳しい車体の説明を障害物とぶつかった瞬間のスロー映像と共に行っている。

ソフィーちゃんの動画にも解説動画にも世界中からコメントが後を絶たない。「ボルボ、すげぇな!」といった驚きのコメントから「クリスマスに欲しいものが決まった!」「サンタさんに手紙を書くよ」といったコメントが多く寄せられている。世界最高峰の耐久性は、とどまるところを知らない。


https://youtu.be/OPP0pow8pMY

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/05/volvo/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP