ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国立大学の学費の値上げが「地方の劣化」招くことになる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 文部科学省が2031年度に国立大学の学費が年間約93万円になるという試算を発表した。現在の私立大学の平均学費より高い。大学進学を経済的な理由で諦める若者が大量に出てくると、社会はどうなるのか。コラムニストのオバタカズユキ氏が日本の近未来を描く。

 * * *
 貧すれば鈍するという。いま日本では、そうした負のスパイラル的な劣化が方々で起き始めているような気がしてならない。

 たとえば、大学の劣化を自ら招こうとしている。今月1日の朝日新聞の報道によれば、文部科学省が国立大学の授業料値上げの試算を明らかにしたそうだ。現在、年間約54万円の授業料が、2031年度には約93万円に上がるとの話である。

 文科省はそうした事態にならないよう抵抗中だが、財務省が〈全86国立大学の収入の3~4割を占める運営費交付金約1兆1千億円を31年度までに約9800億円にする方針〉を立て、それを遂行しようとしている。

 現在、私立大学の授業料平均は年間約86万円。2031年度まで16年間あるから貨幣価値がどうなるかわからないが、日本人一般の収入が変わらないとしたら、93万円になってしまうと私大の場合以上の経済的負担を国立大の学生やその保護者に強いることになる。医歯薬系や理工系の学部に入るのならまだお得だろうが、文系学部に関しては「国立に合格しても親孝行にはならない」事態が出来する。

 この報道に対し、ネット上では一斉に嘆きや叫び声があがった。私も〈貧乏人は高等教育を受けられない国へ。すでにこんなに高いのに〉とつぶやいたら、たくさんの人にリツイートされた。そう、年間約54万円という今の授業料だって決して安くはない。先進各国は高等教育の無償化のほうへ動いているというのに、うちらは何を好きこのんで逆行するのだ。

 財務省がどんな力学の上でそういう動きを見せているのかは知らない。そのへんはジャーナリストを名乗る方々にしっかり伝えてもらいたい。

 だが、その理由がなんであれ、授業料を上げれば、地元の国立大に「すら」行けなくなる若者が確実に増える。現に、先日、日本経済新聞が気になる記事を流していた(共同通信配信)。

〈子供の教育支援に取り組む公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」(兵庫県西宮市)は2日までに、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島各県の中学3年生が将来の現実的な進学先として「大学以上」を挙げた割合が、全国の中3生と比べて1割低いとの調査結果を発表した。法人は震災の影響による保護者の収入源などが背景にあるとみて、支援が必要だとしている〉

 近代以降、少なくとも先の大戦以降の日本には、衣食住の出費を節約しても教育費は惜しまない、という考えが根強かった。が、それも一定以上の豊かさが担保された上での話で、生活が本格的にきつくなり、上向く見通しも立ちにくければ、教育投資も控える層が当然出てくるのである。

 そういう層からでも優秀な人材は輩出される。小中校と地元の公立学校に通い、塾や予備校にも通わず、旧帝大クラスに入学し、社会で重要な仕事を担っている日本人は各分野にいる。国立大の値上げは、そんなポテンシャルのある子供が伸びる芽を摘んでしまうか?

 そうだ、頭が良くても家庭に金がないと大学に行けなくなる、と今回の財務省の動きを批判する声が多い。しかし、この点に関して、私はあまり気にしていない。なぜならば、財務省が締め付けるほど、各大学は必死に生き残りを図る。その生き残りの指標として、グローバルな市場でイノベーティブな商品を開発するような人材の輩出力が使われる。具体的にいうと、例えば、その時点で評価の高い国際企業にどれだけ就職させることができるか、だ。

 その手のポテンシャルのある人材は、特待生として歓待すればいい。現在だって、図抜けた能力の持ち主向けの給付型奨学金制度などは多くの大学に設置されている。生き残りが激しくなり、国のバックアップが減る分、大学経営の自由度が増せば、「才能」の青田買いだって始まるだろう。本当に頭が良い子供のいる家庭にとって、時代はむしろ追い風だ。

 ただし、それ未満の子供たちは、厳しい格差社会に蹴り落とされる。いや、ここで格差社会化を憂うのは少し違うかもしれない。私がリアルにイメージするのは、地方の中核人材のさらなる劣化だ。国立大が私立大と変わらないほど金のかかる教育機関となることで、まっさきに打撃を被るのは、地方の役所や金融機関などに勤めるような優秀層ではないか。

 その層で力のある者は、学費がさして変わらない東京の「いい大学」で苦学して、同じく東京の成長企業で一旗あげようとするかもしれない。が、それも現実的には難しくて、大学進学を諦め、地元の高卒採用へ流れるほうが多くなる可能性もある。地元にロクな求人がなければ、大都市部で仕事を探すのかもしれない。

 時代がそうなれば、高卒でも「地頭のいい人材」を採る企業が出てくるだろう。できる人間は、世をすねて腐らなければ、そのうち自分を評価する誰かと出会えるものだ。

 だが、その出会いの場所はおそらく、非常に合理的な競争原理の働く職場なのである。そこで働く者は目前の仕事に日々、すべてを捧げている。ビジネスマンは皆そうだろうというレベルではなく、常に現状の120%の力を出して成果をモノにする社員だけが生き残るような場所なのだ。

 そこで頑張って生き抜くことを、ムキ出しの競争原理にさらされているフリーランスの私が否定するはずもない。しかし、いずれはミもフタもない切った張ったの世界で生きることになるにせよ、高卒の18歳がいきなりそこへ投げ込まれるのはどうかと思うのである。

 損得勘定を横に置いて、興味の向くまま何の役に立つかもわからない学問と接することで抽象思考を覚え、多様な価値観を持つ学友や教授たちとの交わりを通して世界が広いことを知って行く過程はバカにならない。地方の国立大の少なからずが小粒化し、沈滞ムードになっているとはいえ、そうした知的空間はまだ存在している。そこを飛び越えて、一気に競争社会に入る若者が増えてしまうと、地方経済はもちろんのこと、国全体にとっても中長期的に大きな損失につながるのではないか。

 国がどうなるといった大きな話はともかくとしても、金がないから学べない、というのは寂しい。まったく1億総活躍社会などではない。劣化した日本列島が地方からボロボロと崩れていく絵しか描けない。

 貧すれば人々はしがみつく。大学に関しては、大学校の入試倍率の上昇が、この国の貧乏の深刻化を表すんじゃないかと密かに思っている。学士が取れて給料も出る、防衛大学校、防衛医科大学校、海上保安大学校、気象大学校あたりの偏差値が急上昇し始めたらヤバい。優秀な若者たちが日本の防衛や防災に身を捧げること自体は頼もしいが、「他に道がなかったから」だとしたら、それはまったく喜べない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
モンスター患者 「国立病院なのに診療費高い」と言いがかり
大学案内学長挨拶の平均文字数 国立と私立でどっちが長いか 
国立大学文系出身者 就活でも会社でもバカにされ肩身が狭い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。