ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYの語学学校で、ハーバード大学出身の先生に言われた「大切な授業のルール」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NYの語学学校で、ハーバード大学出身の先生に言われた大切な「授業のルール」
ニューヨーク語学学校の授業ルールが、私にとって最適だった理由とは
最高峰の英語力を身につけられる、ニューヨーク語学学校の授業ルールは日本人に最適だった
最高峰の英語力を身につけられる、ニューヨーク語学学校の授業ルールとは

英語教育に限らず、日本の学校での授業スタイルを、みなさんはどのように捉えるでしょうか。

・話すのは基本的に教師
・私語は慎む
・授業に関係のないものは持ち込まない
・質問があれば手を挙げる

私が学生であった時の事なので今現在の教育現場と多少の相違があることはご容赦下さい。

この授業スタイルを否定するのではないことを始めに断っておきます。むしろこれを当然と思って臨んだがためにニューヨーク留学中にしっかりと英文法を始めとした英語の基礎を学ぶことができたのです。

ここでは私がニューヨーク留学中に体験した、語学学校での授業をご紹介します。

 

私の先生

Photo by Nami

リスニング力とスピーキング力が劣り、intermediate という中の下レベルからスタートした語学学校生活。

ここで出会ったのが担任のShanaです。かの有名なハーバード大卒の才女です。英文法を得意とし、慣れない英語での授業にも拘らず理解しやすいものでした。

 

また読書をこよなく好み、私が長年苦手としていた村上春樹作品の魅力すら彼女から教わりました。日本語でダメならば英語でという選択肢が増えたことで苦手を減らすことができたのも彼女のお陰です。

そんな彼女はとにかく真面目で、何となくテキトーという私の中でのアメリカ人のイメージを払拭させてくれたのです。

では、Shanaの授業のルールをご紹介していきます。

 

1.Be on time  時間通りに来ること

Photo by Nami

ルーズな人というのはどこにでもいます。しかし電車などで考えても数分の遅延で謝罪するのは日本くらいではないでしょうか。

 

2.Don’t eat 授業中の食事禁止

Photo by pixabay

当然のようの授業中に朝食を摂る生徒が割と多いのです。

 

3.Don’t use smartphones and tablets 携帯やタブレットの使用禁止

Photo by pixabay

「分からない単語を調べたければ何物にも代え難い辞書であるこの私に聞きなさい」というのが彼女の決まり文句でした。

 

4.Only English 英語のみ

Photo by pixabay

英語の語学学校であり、みんな英語を学びに来ているのですから当然です。

しかし手を挙げてまで質問するようなことでなかったりすれば、隣同士に座りがちで母国語で話せる友人に聞くのが手っ取り早かったりもします。

 

5.Respect your classmates and yourself クラスメイトと自分自身を敬いなさい

Photo by Nami

相手を尊敬するということ。海外で生活をして改めてこの事の重要さを思い知りました。

自分に祖国があり家族がいるように、相手にも祖国があり家族がいるのです。これに宗教が混じってくるとさらに相手を敬うことの大切さを学ぶこととなります。

 

Photo by Nami

「彼女の授業ルールは、ストレスになる」何人かの欧州、南米出身の生徒がこう言い残してクラス変更をしていきました。しかし私達日本人にとってはどうでしょう。

授業を受けるに当たっても、基本を提示されたに過ぎないと感じるのです。何故ならば、日本での教育を受ける際同じようなルールの下で学生生活を送ったからです。

ほとんどの授業においてこのルールでは、問題視される日本人のディベート能力や発言力の低さの助長につながるかもしれません。

しかし、少なくとも私はこのルールに対しストレスを感じることがなかったためにハーバードの文法力をあやかることができたのです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP