ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語がまったく話せない!英検3級の私が世界一周の旅で起きた5つの出来事

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英語レベルは学校で勉強をした程度の私が、一人で世界一周に飛び出しました。海外といったら世界共通語の英語を使ってコミュニケーションをとりますよね。

けれども私は英語が喋れないどころか聞き取りも全然できません。そんな、英語が出来ない私が世界一周中に起きた、面白おかしい出来事をご紹介したいと思います!

 

あれ?荷物が出て来ない

photo by All sizes

世界一周中のトラブルはたくさんあると思いますが、中でも多いのは空港でのトラブルだと思います。

私は、クロアチアからイタリアに向かいたかったのですが、直行便がなかったので前にいた国、オーストリアに戻り一泊してからイタリアに向かうことにしました。

 

空港のチェックインの時いつもは、「バッテリーは入っていない?」「荷物は一つだけ?」などしか聞かれないのですが、その日は分からない英語でたくさん喋りかけられました。

何回も聞き返しましたが結局分からず、諦めて全部Yesで答えていました。まあどうにかなるだろうと軽い気持ちでオールトリアの空港に着きましたが、いくら待っても荷物が出てこないのです。

 

片言の英語で荷物が出てこないと言ったら、「明日、イタリアにそのまま届くよ」と言われ思わず笑ってしまいました。

その日一日はいつも持ち歩いている50リットルの荷物が無く、お金とパスポートだけで過ごし、この二つさえあれば生きていけると実感しました。

 

食べたい物が出てこない

photo by All sizes

レストランに一人で入ることが出来ない私は、いつもフードコートやファーストフード店でご飯を食べていました。

ファーストフード店ではセットメニューに番号がつていて、その番号を言えば頼める所もありましたが、番号がついていない国では「Do you speak English ?」と何回も聞かれました。

 

その理由はセットメニューを頼むとき、英語で「ハンバーガーセットプリーズ」と頼んでいたからです。恥ずかしいことに、日本語ではセットメニューをセットと言いますが、英語では違うことを後から知りました。

その為いつも自分が食べたい物と違ったものが出てきて、ショックを受けていましたが、食べたことのない味も体験出来て面白い体験が出来ました。

 

何でカギが二つ?

photo by All sizes

ホテルに着いて、チェックインカウンターに並んで、やっと自分の番だと張り切って進み、料金を払いました。

完璧だ!と思っていましたが、最後に何をいっているのか分からないことを言われ、頑張って聞いたのですが結局分からず、私はまた「Yes.」とずっと答えていました。

 

受付を済ませ部屋のに向かおうとエレベーターに乗り、カギを見てみると二つあったのです。その時に、質問の意味が分かりました。代表で私がチェックインして、他に一緒に泊まる人が居ると思れてしまったのです。

エレベーターの中で、二人旅だったらもっと楽しいのかなと妄想して、一人で笑ってしまいました。

 

 ここどこだろう?

photo by All sizes

空港からシャトルバスで宿へ向かおうと、切符を買うことが出来たのは良かったのですが、宿の住所を見せると何か分からない英語をたくさん言われました。

乗っていれば着くだろうと、町の景色を眺めながら気楽な考えで乗っていると、「ここで降りて」とまったくどこだか分からない場所で降ろされてしまいました。

一緒に降りた、優しそうな人に片言の英語で聞くと、どうやら私の宿は空港から遠いので、シャトルバスでは行けなくて途中で降ろされてしまったということが分かりました。

 

知らない土地に一人降ろされて困っていると、がっちりしたおじさんが近づいてきて「どこに行きたいの?」と言われ地図を見せると荷物を持たれ、連れて行ってあげると車に案内されました。

しかし、知らない人について行ったら危ないと思ったので断り、駅を探して地下鉄で無事、宿まで着くことが出来ました。前もって、地下鉄の行き方も調べておいた事が幸運でした。

 

何て言ったの?

photo by Sakai Ayaka

日本語の現地ツアーより英語のツアーの方が安いので、英語が分からないのに英語のツアーに良く参加していました。

ツアーなので、自由に見て周って何時にどこに集合してください。と言われることを想定して常にガイドさん近くにいて耳を傾けていました。それでも、聞き取れなくて一緒のツアーの方に聞いていました。

 

何回かそうしていたら、ガイドさんの目に留まり常に近くにおいでと言われ、バスも常に隣で、皆に説明してから私だけに簡単な英語で説明してくれました。そのおかげで、英語でもツアーを楽しむことが出来ました。

 

まとめ

旅は非日常なので、予想していない事が次々と起こりますが、それを楽しむことも旅の一つだと思います。辛いことが起きているのに楽しむと言っても無理かもしれませんが、私の場合は後には絶対いい話のネタになるとその場で前向きにとらえていました。

 

英語が分からなくて起きた出来事をご紹介しましたが、英語が喋れなかったからこそ、このような経験が出来たのだと思います。

出発の前は、英語が出来なくて大丈夫かどうかとっても心配でした。でも世界一周したいという気持ちがあれば英語が出来なくても、世界一周は出来るのだと気づく事が出来ました。2度目の世界一周は英語を少しマスターして出発したいと思います!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP