体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築64年の空き家をシェアハウスに! その活用方法とは?

「ユウトヴィレッジ品川宿」の開放的なリビング

『SUUMOジャーナル』では、「つくるところから参加できるシェアハウス『ユウトヴィレッジ』」、「入居者が自らリノベーションに参加したシェアハウスがオープン」と、新しいカタチのシェアハウス・「ユウトヴィレッジ南長崎」(東京・豊島区)の事例を紹介してきた。
これらを手がけた株式会社ユウトが、東京・品川区に新たなシェアハウスをオープンさせたという。果たして、どんな物件なのか。さっそく見学に行ってみよう。2年以上空き家のここを何とかできないか

JR品川駅から京急本線に乗り換えて2駅目の新馬場駅。旧東海道の品川宿があったエリアだ。

【画像1】きれいに整備された北馬場参道通り(写真撮影:石原たきび)

【画像1】きれいに整備された北馬場参道通り(写真撮影:石原たきび)

新馬場駅から徒歩2分の場所に「ユウトヴィレッジ品川宿」がある。東京十社として知られる品川神社にもほど近い。

【画像2】右奥が入り口(写真提供:ユウト)

【画像2】右奥が入り口(写真提供:ユウト)

この築64年の古家がシェアハウスとして再生したのだ。話を聞かせてくれたのは株式会社ユウトの代表取締役社長、長田昌之さん(35歳)とオーナーの小宮さん(74歳)。

【画像3】趣味はギター演奏という長田さん(写真左)74歳の小宮一巳さん(写真右)(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】趣味はギター演奏という長田さん(写真左)74歳の小宮一巳さん(写真右)(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

「僕はユウトの他にマンション管理支援事業を行う会社にも所属しているんですが、この家のオーナーである小宮さんの奥さんが、僕たちが運営させていただいているマンション内のカフェでバイトしているんですよ。きっかけは、南長崎の話を聞いた彼女から2年以上空き家のここを何とかできないかという相談を受けたこと」

もともとは小宮さんの母親が住んでいたが、亡くなって以来、空き家状態だった。

「小宮さんの奥さんはいま70近いご高齢の方なんですが、すごくかわいらしい方で。バイトの面接も履歴書が破れているので聞いてみたら、履歴書というものを初めて書いたみたいで、失敗したのをセロテープでくっつけたと言っていました(笑)」

破れた履歴書が生んだ出会いである。

「まず、僕を含めた3人で3カ月住んでみました。実際に住んでみて、小宮さんやご近所の方々と触れ合っているうちに江戸時代の宿場というイメージが固まってきて、これならいけるかなと」

入居者の募集を始めるとともに、大規模なリノベーション工事が始まった。

シェアハウスにすることや、リノベーション工事の計画については小宮さん夫婦に相談しながら進めていったとのこと。

「若い人が住んでにぎやかになるのはいいことだ」と、小宮さん夫婦もシェアハウスというプランに大賛成だった。

また今回の物件は長田さん自身がオーナーだった南長崎の事例と異なり、株式会社ユウトがオーナーから一棟を借り上げ、それをシェアハウスとして入居者に貸すという仕組みをとっている。

【画像4】もともとは「ザ・民家」というリビングキッチン(写真左)工事の様子(写真右)(写真提供:ユウト)

【画像4】もともとは「ザ・民家」というリビングキッチン(写真左)工事の様子(写真右)(写真提供:ユウト)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。