ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの携帯電話料金、高いと思いますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


携帯電話料金が再び大きな注目を集めています。安倍総理大臣が9月に料金の引き下げを指示したことで、携帯電話料金の見直しに関する議論が進められていて、低価格プランの追加や、本体価格の見直し、MVNO(仮想移動体通信事業者)=いわゆる格安スマホ、格安SIMのさらなる活性化、といったことが話し合われています。
もちろん、料金が安くなるのはユーザーとしてはうれしいものです。でも、日本の携帯電話料金はサービスの質を考えると、世界的にみてそれほど高いとはされていません。また、料金が安くなって携帯電話会社の業績が悪化すると、品質に跳ね返ります。日本は携帯電話エリアが隅々まで整っており、先進的なサービスもいち早く普及して快適な携帯電話ライフが過ごせる国ですが、料金が安くなることで、そういった快適さが失われる可能性もあるのです。
そうはいっても、携帯電話料金を安くしたいのなら、今すぐ安くすることができます。格安スマホや格安SIMを利用すればいいのです。業界最大手、NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」、インターネットイニシアティブの「IIJmio(みおふぉん)」、楽天モバイル、BIGLOBEなどで格安スマホ、SIMが提供されていて、番号ポータビリティも可能です。ここにあげた4社はドコモの設備を利用しているので、通信、通話ができるエリアはドコモと同じ。データ通信のスピードも、ユーザーからの評価が高いところです。

ショップが少ない、サポートが不安といった声はよく聞きますが、だからこそ格安でサービスを提供できているという面もあるのです。とはいえ、量販店にカウンターを設けたり電話サポートを充実させたりと、各社とも努力しています。今、きちんとスマホを使いこなせているのなら、それほど恐れることはありません。
今回の議論が進めば、格安スマホのサービスが今よりも充実する可能性があります。そうすれば、格安スマホがもっと身近になり、ユーザーも自分に合った料金プランを気軽に選べるようになるでしょう。高まり始めた格安スマホの勢い、このまま続いてほしいものです。
(written by  Asako Fusano)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
・ ちょっぴり切ない話 ~「袋とじ」の誕生秘話~
・イタリアに「スタバ」が1店舗もない理由
・「ぽっちゃり」と「デブ」の境界線は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP