ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

レディー・ガガとポラロイドがコラボしたスマートフォン連携プリンタ『GL10 インスタントモバイルプリンター』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

レディー・ガガとポラロイドがコラボしたスマートフォン連携プリンタ『GL10 インスタントモバイルプリンター』発売へ

Polaroid(ポラロイド)ブランドを日本で展開するサミット・グローバル・ジャパンは、クリエイティブ・ディレクターにレディー・ガガさんを迎えてデザインした新ブランド“Grey Label”第1弾となるモバイルプリンタ『GL10 インスタントモバイルプリンター』を9月上旬に発売することを発表しました。7月30日から先行予約販売を開始します。スマートフォンや携帯電話とBluetooth連携でワイヤレスプリントできるほか、USB接続でデジタルカメラからプリントできるモバイルプリンタ。今後はサングラス型カメラやプリント可能なインスタントデジタルカメラの発売を予定しています。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

レディー・ガガさんがクリエイティブディレクターとして参加

“Polaroid Grey Label”は、加工を行っていない生地を指すファッション用語「Grey Goods」を由来に、シンプルさを追求してきたポラロイドの歴史、ブランドの先進性の意味を込めた新ブランド。レディー・ガガさんは数回のクリエイティブセッションに参加し、ブランドの方向性、製品コンセプト、外観、雰囲気についてインスピレーションをもたらしたとのこと。特に第1弾製品の『GL10』のデザインでは、インスタントカメラ『SX-70』の雰囲気を残しているなど、ブランドの伝統と製品デザインを尊重しているそうです。

今後発売予定の製品

今後は、カメラと外向きの有機ELディスプレーを搭載し、撮影した写真を周りの人とも共有できるサングラス型カメラ『GL20』、プリンタ内蔵のデジタルカメラ『GL30』といった製品の発売を予定。これら製品について、レディー・ガガさんは「今回の新しい製品は、私のファンがレディー・ガガについて好きなところと、皆さんがポラロイドについて好きな要素をすべて表現しています」とコメントしています。

『ZINK Paper』を使用

『GL10 インスタントモバイルプリンター』は、重さ約400gのコンパクトなプリンタ。レディー・ガガさんとのコラボということでド派手なデザインを想像していましたが、シンプルで機能的なデザインです。米ZINK Imaging社の“ZINK Zero Ink Printing”技術を採用し、インクカートリッジやリボンが不要な3×4インチ(約7.6×10.2cm)の専用紙にプリントします。印刷解像度は300×300dpiで、約40秒でプリントが可能。フル充電で40枚のプリントができます。

デジカメとはUSBケーブルで接続。本体ボタンによる操作も可能

スマートフォンやデジタルカメラ、Windows/MacのパソコンとBluetoothでワイヤレス接続できるほか、デジタルカメラとUSBケーブルで接続して利用できます。専用のAndroidアプリにより、撮影やポラロイドフレームの付加、エフェクトやテキストの追加といった写真の加工、プリントの操作が可能。パソコン用の専用アプリケーションも配布します。『iPhone』には対応していません。

『Xperia arc』とペアリング

発表会で展示された実機では、アプリは使わずにBluetooth共有でAndroidスマートフォン『Xperia arc』に入っている写真をプリントしてみました。ペアリング設定後に写真を共有すると、データ転送後40秒ほどでプリントアウトが完了。

3×4インチの写真をプリントアウト

独特の発色ですが、写真を加工したりテキストを入れてプリントアウトして、インスタントカメラ感覚で気軽に楽しめそうです。写真にポラロイドフレームを加えて、プリントアウトした写真に手書きでメッセージを書いてもらうこともできます。

本体は希望小売価格で1万7800円(税込み)。別売りの専用紙『3×4 ZINK Paper』は30枚入りで1980円(税込み)です。7月12日から『Grey Label』のウェブサイトで本体を購入予約すると、300名限定で『3×4 ZINK Paper』30枚入りボックスとオリジナルポストカード、オリジナル携帯ストラップが付属するキャンペーンを実施しているほか、7月20日からドコモスマートフォンラウンジ、AND market霞が関でタッチ&トライ展示を予定しています。

『Grey Label』ウェブサイト
http://www.polaroidjapan.com/greylabel/[リンク]

ポラロイドブランドでは、同社が『PoGo インスタントモバイルプリンター』を販売していましたが、こちらは第一世代の『ZINK Paper』を使用しています。旧『ZINK Paper』は生産が終了になるとのこと。

参考記事:
日本での“ポラロイド”ブランド復活に向け第1弾製品『PoGo インスタントモバイルプリンター』が発売

『GL10 インスタントモバイルプリンター』主な仕様
サイズ:W11.3×D14.9×H2.8cm
重量:約400g
接続方法:USB接続(PictBridge対応)、Bluetooth OPPプロファイル
対応端末:Android 2.0以上、BlackBerry 4.6以上、Windows Phone 7.0以上のスマートフォン(iPhoneは非対応)、携帯電話、WindowsまたはMacパソコン
※携帯電話の対応機種は下記URLに記載
http://www.polaroidjapan.com/support/product/pogo/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。