ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

謙虚な人に共通する9つの特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

謙虚な人って、なんだかんだで、みんなから好かれている。
目立たないけど、人当たりも良くて嫌がられない。

自分もあんなふうになりたいな、と思ったことはありませんか?謙虚な人の特徴を把握して、どうしたら謙虚な人と言われるのか、研究してみましょう。

あなたも真似をするだけで、誰からも好かれる人になれるかもしれません。

1.自分の話をあまりしない

謙虚な人は、自分が話をすることよりも、むしろ、相手の話を聞くことに重きを置いています。

自分の話を人に聞いて欲しいと思う気持ちよりも、人の話を聞いてあげたいと思う気持ちのほうが強いのです。

自然と人の話を注意深く聞くようになるので、意見やアドバイスも的確なものとなり、人から頼られることが増えます。

2.頭を下げることをいとわない

頭を下げるということは、社会人になると誰も彼もが行っているように思われますが、実はプライベートでもきちんとそれができる人は少なくありません。

会社ではしきりに頭を下げている人でも、プライベートになると、家族や友人に対して急に態度が尊大になる人もいます。

謙虚な人はそうではありません。

3.不運な出来事を他人のせいにしない

不運な出来事は、いつでも、どこでも、誰にでも起こりうるものです。

そんなとき、謙虚な人は、その出来事を他の誰かのせいには決してしません。

「おまえのせいでこうなった」というようなことを決して口には出さず、時には自分自身が泥を被り、事態の収拾、処理改善に努めるのです。

4.たいてい自分はいつでも後回し

謙虚な人は、たいていいつでも、自分のことは後回しです。

オレがオレがと自己主張をして、自分が一番いい思いをしようということは考えていません。むしろ、自分は後でもいいから、自分の大切な人たちに、いい思いをしてもらいたいと考えているのです。

ですから、「いつでもビリ」は謙虚な人あるあるです。

5.基本的に我慢強い

謙虚な人のほとんどが、あり得ないほど我慢強いことが多いようです。

理不尽なことがあってもキレない、多少貶められることがあってもスルー……。

謙虚の度合いが強いほど、ちょっとやそっとのことでは腹も立たず、我慢をしなくてもスルーできるようになってきます。

6.実はプライドが高い

謙虚な人は、怒ることが少ないので、プライドが低いと思われがちです。

しかしそうではありません。

謙虚な人は、図々しく振る舞うべきではないという気持ちを強く持っており、図々しくないことに対して高いプライドを持っています。

7.見返りを求めない

謙虚な人が謙虚に振る舞っているからといって、何らかの見返りを求めているわけではありません。

むしろ、一切の見返りを求めないからこそ、周囲から「あの人って謙虚だよね」という評価を得られるわけで、常に見返りを求めている人は誰からも謙虚だと思われていません。

8.時に謙虚すぎて頑固者である

謙虚な人は遠慮がちです。「いえいえ」とか、「まさか私なんて」という、他人から一歩引いた状態を常に続けています。時折、誰かが謙虚な人に気を遣って優先させてあげようとしても、「いえいえ、私は後でいいですよ」と頑固なまでに遠慮をしてしまいます。

だからこそ、あの人は謙虚だと言われるに至るわけで、ちょっとくらい「お先にどうぞ」と言われて、「ハイ、ありがとう」と言うような人では、謙虚だという評価は得られません。

ただ、謙虚な人に本当に何か譲ってあげたいなら、2・3度「是非」と勧めると、(喜んでもらえるかな)と思い直し、素直に譲られるのです。

9.ちょっとだけ人生損してる自覚がある

謙虚な人の人生は、人望が得られる反面、常に人の下に流れる損な立場でもあります。

謙虚な人は、実はちょっとだけ、自分でも「損してるよなぁ……」と思うことがあります。それでも、明日も謙虚に振る舞って、「まぁ、いいか……」と損をし続けるのが謙虚な人なのです。

いかがでしたか?謙虚な人の9つの特徴をご紹介致しました。謙虚な人が基本的に考えていることは、「相手の幸せ」です。総じて、謙虚な人には、「いい人」が多いと言えるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

思慮深い人に共通する8つの特徴
個性的な人に共通する10の特徴
会話が続かない人に共通する7の特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP