ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これで絶対財布はなくさない? 中身まで追跡するスマートウォレット「Walli」が大活躍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

持ち物の中で、最もなくしたくないもの。それは、財布。

お金はもちろん、この中にキャッシュカードや免許証といった重要アイテムを入れている人も、多くいると思う。

それでも、“うっかり忘れ”が止まらない…。そんなときこそ、この「Walli」を活用したい。追跡機能をはじめ、数多くの便利機能を搭載。誰もが待ち望んでいた、スマートウォレットである。

・専用アプリが財布の中身まで追跡

革製のスタイリッシュな財布と、専用アプリのペアで成り立つ「Walli」。

うっかりどこかに財布を置き忘れても、大丈夫。スマホとBluetoothで接続し、継続的に財布の行方を追う仕組みだ。

キャッシュカードやクレジットカード、身分証明書も同様。独自技術によって、財布の中のポケットがスマート化されているため、カード類が長時間所定の場所に収納されていなければ、同じくスマホに通知するようになっている。

また、逆に財布が手元にありながら、スマホが見つからない場合。そのときは、財布を軽くダブルタップすればいい。30mの範囲内であれば、サイレントモードであっても、アラーム音が鳴るので、すぐわかるというわけだ。

・RFID保護機能でカード情報流出を防止

最もうれしいのは、RFID保護機能が付いているところ。たとえ財布が盗まれても、これをスキャンして、カード情報を不正に盗むことはできないようになっている。

バッテリーの寿命は長く、充電不要で6か月使用可。2つ折りのコンパクト感と、レザーの質感も、とてもお洒落。

マイナンバー配布により、個人証明書に対する保護意識も、ますます高まるであろう昨今。こうした便利品の登場は、手をたたいて歓迎したいところだ。

「Walli」は現在、Indiegogoにて、キャンペーン中。12月28日まで、継続して公開。資金は、79ドルから受け付けている。

Walli/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP