ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1台3役のニクイやつ!掃き取りからモップがけまでこなすロボットクリーナー「bObi」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人気のルンバを筆頭に、順調な売り上げを見せるロボット掃除機は、今最も注目すべき分野の1つ。

その進化は尽きることがなく、各メーカーが競うように、次々と新製品を発表している。

中でもユニークさで群を抜いているのが、この「bObi」だろう。ボタン1つで3役をこなす、超働き者の全自動ロボットクリーナーだ。

・1台3役の機能で隅々までぴかぴかに!

「bObi」の特徴は、吸い込み、掃き掃除、モップがけの3役をこなすところ。面倒な掃除のステップを、すべて引き受けてくれるから、ありがたい。

操作は、前述のとおり、ボタンを1つ押すだけ。その後は、フロアを自由に動き回り、自動的に汚れやほこりをピックアップしていく。

武器は、強力な吸引力とトリオブラシ。汚れに対して敏感に反応する、高感度なセンサーまでついており、見えない汚れも、きれいに拭き取ることができる。

・2タイプで商品展開

別売のリモートコントローラーを使って、掃除の時間をあらかじめ、プログラミングしておくことも可能。時間が来たら、「bObi」が自ら起動し、フロアの掃除を開始する。

仕事が終われば、自動的にドッキングステーションへ帰還。充電も自ら行ってくれるので、あとも楽。収納棚にしまう手間も、省けるというわけだ。

現在は、スタンダードな「bObi Classic」と、独自技術によって、よりパワーアップした、「bObi Pet」の2タイプを販売中。価格はそれぞれ、749ドルと849ドル。ちなみに充電用のドッキングステーションは、別売なのでご注意を。

bObi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP