ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年Q3の世界ウェアラブルデバイスの出荷シェア、AppleとXiaomiが急成長

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 IDC が 2015 年 Q3(7 月 ~ 9 月)の世界におけるウェアラブルデバイス出荷台数に関する調査結果を発表しました。同社の調査結果によると、この期間の総出荷台数は 2,100 万台で、前年の同期から 197.6% も増加しました。メーカー別シェアでは、様々なフィットネスバンドを提供している Fitbit が 22.2% のシェアを獲得し、依然としてトップを維持していましたが、2 位の Apple(18.6%)と 3 位の Xioami(17.4%)の成長率が Fitbit をはるかに上回っており、今後はこの 2 社に抜かれる可能性があります。今回の調査結果で注目なのは、昨年、Gear シリーズで他社を先行していた Samsung がトップ 5 から消えたことです。統計データはフィットネスバンドを含んだものなので、今年はスマートウォッチしか出していない Samsung には不利と言えますが、Apple が2 位にランクインしているところを見ると、スマートウォッチでは Apple が独り勝ちといった状況のようです。Source : IDC

■関連記事
サンワサプライ、USB Type-AとType-Cを両方備えたUSBメモリ「600-3TC」シリーズを発売
レガシー端末「HTC HD2」にAndroid 6.0が移植される
HTC One X9は来年発売、Wi-Fi Allianceの認証も取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。