ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「了解しました」「嫁」は日常生活で使用OK? それともNG?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月22日に行われた大阪府知事選の投票所で、47才の会社員の男性が、70代男性に暴行を加えたとして逮捕された。投票を終えた会社員に「ご苦労さんです」と声をかけたところ、「ご苦労さんという言葉は、目上の者に使う言葉ではない」などと言って激高したという。

 言葉は生き物。時代やシーンによって、変わっていく。日常生活でOKと思っていたもののなかにも、実はNGな言い回しがある。今年7月にはタモリが「お疲れ様」についても「“お疲れ様”は本来、目上の者が目下のものにかける言葉」などと発言して話題にもなった通り、日常使用してOKかNGなのかわかりにくくなっているのだ。今回の事件で取り沙汰された「ご苦労さん」だけでなく、実はNGとされる言葉にはどんなものがあるのだろうか?

◆了解しました

 LINEスタンプやメールでも、何かと使い勝手のいい「了解」。しかし多用を避けるべきとの見方もあると語るのは、『正しい日本語の使い方』(エイ出版社)などの著書がある予備校講師で作家の吉田裕子さんだ。

「“了解には敬語の意味が含まれていない”とよく言われますが、実は“理解して承知する”というのが本来の意味。目上の人に対して使っても、支障はないはずです。

 しかし最近はテレビや雑誌で日本語の特集が組まれる機会が増え、“了解しましたは失礼にあたる”と取り上げられるケースが多いんです。本当の意味は間違っていないとしても“テレビで使っちゃダメと言っていた”と人から人へ伝達され、避けたほうがいいと思っている人が増えたというのが現状ですね」

 マナーコンサルタントの西出ひろ子さんは、ビジネスシーンでは「了解は使わないほうが無難」と言う。

「“わかりました”という言葉も同様ですが、自己中心的な印象を与えがちなので使用しないほうがベター。やわらかく“かしこまりました”と言うのが正解です。特にビジネスでは、相手を立てる姿勢が大切なんです」

◆「~のほう」「~になります」

 ファミレスやコンビニなど、店でよく耳にする「○○のほうでよろしかったでしょうか」「こちら△△になります」という言い回し。これは“ファミコン敬語”とも呼ばれ、正しい日本語とは決していえない。

「“~のほう”というのは、2つのものを比較した際に用いる言葉。比較対象がないのに、むやみに“ほう”をつけるのは感心しません。また、“~になります”は回りくどく、耳障りに感じるかたも。シンプルに“~です”と伝えたほうがいいでしょう」(前出・西出さん)

 ほかにも「○○円からお預かりします」「~でよろしかったでしょうか」など気になる言葉は多いが、「一概に否定できない」というのは前出の吉田さん。

「たとえば閉店間際のファミレスで、店員が客に会計をお願いしたい時、“お会計よろしいでしょうか”より、“お会計のほうよろしいでしょうか”と声をかければ角が立ちにくい。相手を気遣っているという点では、婉曲的表現は決して間違いではありません」

◆嫁

「うちの嫁」「昨日嫁がさぁ~」といった男性の会話。しかし、夫が妻を「嫁」と呼ぶことについて、新聞紙面上でも大論争が巻き起こるなど、たびたび注目を集めている。

 家族法制に詳しい、宮城教育大学教授の近藤佳代子さんがこう説明する。

「戦後、憲法改正にともない民法が改正され、家制度が廃止されました。しかし、不徹底な面もあり、家意識が払拭されたとは言い難い。家制度の下では、妻は婚姻により夫の家に入るとされていましたが、“嫁”といった呼び名は、その考えにつながるとして、抵抗を感じる人は多いと思います」

 一方「夫」の呼び方も、「旦那」「主人」などさまざま。それでは、どう呼ぶのが正しいのか? 前出の吉田さんはこう提案する。

「互いに下の名前に“さん”づけするのはどうでしょう。個として尊重している雰囲気が出るのではないでしょうか」

 繰り返すが言葉は生き物。○×で判断できないケースも多いが、相手を気遣う心があればきっとトラブルは起きないはず。

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自分のほうが友達より上という「マウンティング」を分析した書
田崎真也が伝授 ビジネスに役立つソムリエの「五感表現力」
談志の下で26年過ごした志らくが師匠の人となりを明かした本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。