ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホンダは最速シビックRで復活の狼煙を上げることができるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『シビック』といえば、遡ること1972年に初代が発売されて以降、長らく世界中で愛されてきたホンダを象徴するクルマだ。

 日本では2012年を最後に販売が打ち切られていたが、3年ぶりに新型モデルが限定発売されるとあって、復活を待ち望んでいた熱狂的なホンダファンから大きな期待が寄せられている。

「われわれの世代にとって、かつてのシビックはトヨタの『カローラレビン』や日産の『シルビア』を凌ぐ小型クラスの人気車種でした。また、アイルトン・セナやアラン・プロストといったレーサーが活躍していたF1人気も重なり、多くの若者がシビックに代表されるホンダ車の軽快な“走り”に魅せられてきました」(40代男性会社員)

 来年1月より納車が始まる「シビック タイプR」。このタイプRというグレード名は、ホンダがモータースポーツで培った技術を市販車に転用し、最高の走行性能を持つスポーツモデルにしか付けない、いわば“称号”だ。

「新型シビックは最高出力310馬力、最大トルク400ニュートンメートルというパワーを実現させたうえ、世界一過酷なサーキットと呼ばれるドイツのニュルブルクリンクのタイムアタックで、これまでFF(前輪駆動)車の世界最速記録を持っていたルノーの『メガーヌRS』を4秒上回った」(モータージャーナリスト)

 限定販売台数が750台なのは、ここで出したタイムが「7(分)50(秒)」だったことに肖って決めたと言われているが、申し込みが1万件以上と殺到したために、ホンダは嬉しい悲鳴を上げている。

 しかし、往年の人気ブランド復活にしては少なすぎる販売台数なのはなぜか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がいう。

「ホンダのイギリス法人が生産したクルマを逆輸入する方式を採用したため、初回であまり台数を増やして在庫になってしまったら利益も見込めません。とりあえずは反響を確かめたかったのでしょう。価格も税込みで428万円と高めですしね。

 ただ、少ない販売台数でも宣伝効果は絶大だと思います。最近のホンダは国内市場の販売低迷から、『昔のホンダらしさ』を取り戻すイメージ戦略に必死。『ビート』の後継にあたる『S660』(今年発売)や『NSX』(来春以降の発売予定)など、スポーツモデルを次々と進化させ、走り好きな若者たちの心を掴もうとしています。

 ユーザーをわくわくさせるクルマづくりの原点に立ち返る――というホンダの“宣言”だとするならば、新型シビックは反撃の狼煙を上げるひとつのモニュメントになると思います」(井元氏)

 今年7月に社長就任した八郷隆弘氏も常々、〈今までにないもの、想像を上回るものを出すのがホンダらしさだ〉と語っている。

 果たしてホンダは新型シビックで再び一世を風靡するメーカーにのし上がれるのか。

「現状ではホンダファンの年齢層は徐々に上がっているので、若者を中心とした新たな顧客を掴むところまではいっていません。おそらくシビックタイプRの申込者も、かつて『インテグラ タイプR』に乗っていたとか、NSXに乗っていた……という中高年が懐かしくて飛びついているケースが多いのではないでしょうか」(井元氏)

“シビック復活=ホンダ復活”を確かなものにするためには、もう少し時間がかかりそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
徳大寺氏 「ホンダは本田宗一郎氏の理念を見失った」と嘆く
ホンダ 2015年F1復帰の狙いは「欧州市場対策と技術者育成」
水素活用で日本がガラパゴス化する? エネルギー専門家が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP