ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「医学的 幕の内ダイエット」 煮る、和える、蒸す和食が最適

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朝バナナダイエットに炭水化物抜きダイエットなど、話題のダイエットに飛びついてきた本誌記者(40代)。少しやせてもすぐにリバウンドして、ハイ、元通り。頑張ってるのに、何でやせないの~!?と、原因を探るべく、著書に『やせる生活』(文響社)などがある島野雄実先生の元を訪ねた。島野先生は1万人以上の患者を指導し、平均20kgの減量に成功、体重キープ率は90%以上の評判がとどろく「よこはま北星クリニック」理事長でもある。

――島野先生!! 私、やせたいのに全然やせません。なぜやせないんでしょう?

先生:太る原因は単純です。それは“食べすぎ”。基礎代謝よりも食べる量が多いから太るんです。

――食事の量なら気をつけています。今朝もグリーンスムージーを飲んできました!(エッヘン)

先生:ダイエットや美容にいいからとスムージーを朝食代わりにする女性は多いですが、これは間違い。意外と果物はカロリーが高いんですがね。果物に含まれる果糖は体内でブドウ糖に変化し、一部は使われますが、使われなかったブドウ糖は脂肪となり、肝臓などに溜まって脂肪肝などの原因になるんです。

――そんなぁ~。かといって、しっかりした朝食をとるほど、お腹が空かないんです。

先生:それは、夕食が多すぎるか、食べる時間の遅すぎが原因ですね。夕食の食べすぎは、エネルギーが使い切れず脂肪も蓄積させます。朝、食欲がわかず食べられない人は、まずは夕食の見直しが先決! また、一日の始まりだからとお腹いっぱい食べても、食後ダラダラ過ごしていたら食べた分を消費できないから太るんです。大事なのは、1日3食をバランスよく食べることです。

――要するに、食べた量を消費しないとだめなんですね。でも、バランスよくって難しいので、いっそ食べても太らない食品を教えてください!

先生:病院でもよく聞かれますが、残念ながらありません。みなさん、食べすぎで体重が増えているんですから、やせたいのなら、食べる量は減らしましょうよ!

――え~っ!! 食べる量を減らしたらお腹が空いちゃいます。そんなの我慢できません(涙目)。

先生:だから、食べてもいいんです。炭水化物もお肉も乳製品も一定の基準を超えなければいいんです。ぼくが提唱するのは「医学的 幕の内ダイエット」。では、幕の内弁当のおかずって何だと思いますか?

――幕の内弁当のおかずは、えーっと…魚? いやお肉? 何が入っているか思い出せないです。

先生:そう! それです。幕の内弁当のおかずは特に決まりがない、つまり何を食べてもいいんです。中でも煮る、和える、蒸すなどの和食のメニューは最適。“ダイエットのためには○○を食べなければいけない”ではなく、いろんな種類の食べ物を少量ずつ摂るのが重要。多品種の味を楽しめると脳が喜び、満腹中枢も満たされます。1食で食べる量は、お弁当に入る分が目安。これなら自然とでき、カロリーも抑えられますよ。

――でも、毎回おかずを何品も作るのは大変です。

先生:最近は、コンビニでもひじきや筑前煮などが低価格で売っています。自分で作るとどうしても量が多くなり、傷む前に食べきろうと食べすぎて、体重が増えてしまうケースも多いんです。

――「やせるなら自炊」と思っていたので意外ですが、それならズボラな私にもできるかも!

先生:特に主婦のかたは昼食がパスタやそばなど麺類に偏りがち。一品ものの食事は“楽しむ”より“満たす”目的の食事になってしまい、量や間食が増えてしまいます。“やせたければ一品ものは避ける”、これも鉄則です!

――私の食生活、勘違いだらけでした(反省!!)。

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「そもそも毎日30品目食べる必要はない」と管理栄養士が指摘
鈴木京香 体当たりベッドシーンのため“食べないダイエット”
食べる順番 ダイエットの基本は野菜類→肉や魚→ご飯で

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。