ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

俳優・山本圭 「魅力は逆に弱点にもなる」と教わった若き日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 舞台や映画、テレビドラマ等で活躍する山本圭は、俳優座での若手時代に役者として芝居や自分のあり方について学んだ。重鎮俳優たちから教わった芝居にまつわることについて山本が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 山本圭は三年の養成所期間を終えて1963年、俳優座に入団する。当時の俳優座は千田是也を筆頭に、東野英治郎、小沢栄太郎、三島雅夫といった重鎮俳優たちが引っ張っていた。

「小沢栄太郎さんは演出もされていましたが、その時にだいぶ教わりました。特に、間の取り方ですね。あの人は非常にセッカチなんです。ですから、間の刻み方も速い。相手のセリフを受けて返す時も一つ間を置いたりしようものなら、『じれったい。お前は何をやっているんだ!』という感じで罵声が飛ぶ。

 千田さんは理論家でしたが、小沢さんはそうではなくて、感覚的・実践的に演出される。市原悦子さん主演の日生劇場での公演に出演した時は、みんながワーッと話していて、それが一瞬だけ止まるという場面があります。この時は私の止まり方がまずくて。
 
 小沢さんに『ポンポンポンと歩いてパッだ。分かるか』って。分かったような分からないような気もするのですが、言われた通りに『ポンポンポンパッ』のリズムでやってみると『それでいいんだ!』と。芝居は理屈じゃないんですね。

 三島雅夫さんには、髪形(前髪を斜めに垂らすスタイル)のことを言われました。当時は週刊誌にも『山本圭型ヘアスタイル』とか載るくらいのトレードマークだったのですが、三島さんは『それが君のスタイルなのだから、それでいい。でも、前髪につられて視線がどうしても下にいきがちになっている。だから、特に人の顔を見る芝居をする時は意識してグッと前を向くようにした方がいい』と教えてくれました。

『君の魅力は、逆に君の弱点にもなるんだ』と」

 1964年『ただいま11人』(TBS)と1966年『若者たち』(フジテレビ)、対極的な内容でもある二本の人気テレビドラマの出演により知名度を上げた。

「『ただいま11人』はホームドラマの典型です。とにかく日常をいかに再現するかという。それに反発するようにしてできたのが『若者たち』です。飯を食う場面は同じに出てくるのですが、こっちは全部ひっくり返して喧嘩になるという世界。『ただ和やかにご飯を食べるもんじゃない』というドラマを山内久さんが書かれていました。

 ホームドラマの中に理屈が入ってくる。『本当に人間はこのままでいいのか』『貧しい人たちのことも考えろ』とね。今思うと、反体制というほどではないんですけど、そういうことをテレビドラマでやるのは珍しかったから圧倒的支持を得たんでしょう。

 テレビドラマというのは、どちらかといえば丸っきり別の人間を演じるということはほぼありません。その人の資質というか、癖というか、体臭というか。そういうので演技が成り立っているんですよね。

 それじゃあ、私が反体制的な人間なのかというと、実はあまりそうではないんです。でも、あの時にああいう役を演じたおかげで、今でも『政治的なにおいがする』と仲間内で言われることがあります。そういうイメージを続けて保てていることも、『若者たち』に出た大きな遺産といえるかもしれません」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
「取り調べでカツ丼は出る?」など警察の実態を解説した一冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP