ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スライムカレーがあらわれた! 「▶たべてみる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回実食したVV限定スライムカレー(赤)。トマトペーストに、唐辛子、にんにく、たっぷりのスパイス加えられている。

九井諒子によるグルメ漫画の極北的作品『ダンジョン飯』が話題を呼んでいる。蛇の尾を持つを鶏形の怪物「バジリスク」、引き抜いた時に聞いた者にダメージを与える叫び声を上げる植物「マンドレイク」など、RPGに登場するモンスターを美味しく頂いてしまう同作に、珍味系食材として登場するのが「スライム」だ。

諸説あるが、1974年に発売されたテーブルトークRPGの金字塔的作品『ダンジョンズ&ドラゴンズ』が、現在のイメージの原型を提示したと言われている。 その後、様々なRPGゲームに登場し、次第に知名度を獲得してきたスライムだが、一躍人気者の仲間入りを果たすきっかけとなったのは、やはり『ドラゴンクエスト』を置いてほかにない。

いまやスライムといえば、漫画家・鳥山明がデザインした、あの水滴型のモンスターと言っても過言ではないだろう。 そんな鳥山スライムが、パック入りのレトルトカレーになっていることをご存知だろうか。もちろん中身は、スライムではなく普通のカレーなのだが、そのケミカルなカラーリングは衝撃的。トマトペーストと唐辛子が入りのレッド、野菜とチキンが入ったグリーン、ココナッツ入りのブルーの三色がラインナップされている。

今回、その中のレッドの実食にトライしてみたのだが、とにかく見た目のインパクトが半端ではない。パッケージから、まさにスライム毒々しい色のカレーが現れた瞬間に、ビックリするくらい食欲が失せる。しかし、その直後に漂ってくるスパイスの香りが、凄まじい勢いで食欲を刺激してくれる。「福神漬だってこんな色」と自分に言い聞かせつつ、おそるおそる口に運んでみると、意外にもシッカリとスパイシー。レトルトカレーで言えば辛口に相当する辛さといったところだが、ルーに野菜が溶け込んでいるためか、甘味を伴うコクも感じられた。パッケージのみの見掛け倒し商品と思いきや、カレーとしての価値も充分ありと言って良いだろう。

そんなスライムカレーは、ヴィレッジヴァンガード通販サイトにて好評発売中。価格は各1080円となっている。

スーパーファミコン・ソフトを思わせるパッケージ。ゲームソフトコーナーに非常食として忍ばせておいて良いかも?

中身同様、パッケージにも手抜きなし。細かい所まで気が利いてます!クリスマスプレゼントなんかにも良さそうですね。

中身同様、パッケージにも手抜きなし。細かい所まで気が利いてます!クリスマスプレゼントなんかにも良さそうですね。

同じく姉妹商品のVV限定スライムカレー(青)。見た目の衝撃度ではダントツですが、ココナッツミルク入りの優しい味わいとのこと。

▼リンク
VV限定スライムカレー!新作登場!
http://vvstore.jp/feature/detail/5927/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP