ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮沢賢治のゆかりの地めぐりをしながら、グルメを楽しむ花巻観光

DATE:
  • ガジェット通信を≫

花巻観光をする際のおすすめのスポットを紹介します。花巻市に到着したら、まずは百貨店の大食堂へ。料理もデザートも種類が多くてワクワクしてしまいます。

そして花巻といえばなんといっても宮沢賢治です。リニューアルして展示が一層充実した宮沢賢治記念館と、童話の世界が五感を使って体験できる宮沢賢治童話村・賢治の学校を巡って賢治の世界に浸ろう。

ゆっくりとリラックスした旅をしたいと思っている方に花巻はおすすめの観光スポットです。

宮沢賢治の博物館、秋の味覚に紅葉を楽しみ、

有名店のランチもしっかり押さえて満足できる観光に!

12:00~ マルカン百貨店でランチ

13:00~ 宮沢賢治記念館で見学

14:00~ 宮沢賢治童話村・賢治の学校で見学

16:00~ 渡り温泉 別邸楓で宿泊

1.マルカン百貨店

観光の手始めにまずはランチ!お腹いっぱいにして観光を楽しもう

味もボリュームも満足のランチ

6階の560席もある大食堂は、メニューが豊富で値段が手ごろ、味もボリュームも満足できると連日満席に。ナポリカツスパ(660円)はナポリタンととんかつが一度に味わえる。デザートにマルカン百貨店の特大ソフトクリーム(180円)も! マルカン百貨店

TEL/0198-24-1111

住所/岩手県花巻市上町6-2

営業時間/10時~19時、大食堂11時~19時(LO18時30分)

定休日/なし

アクセス/東北道花巻南ICより10分

駐車場/100台※メニュー改定の場合あり

「マルカン百貨店」の詳細はこちら

2.宮沢賢治記念館

花巻出身の著名人と言えば宮沢賢治!宮沢賢治記念館で知識を深めてみよう。

宮沢賢治に関するたくさんの資料を見ることができる。

宮沢賢治記念館入り口の岩手県大型地形図

2015年4月、32年ぶりに展示をリニューアルした。賢治の心象世界を表す大スクリーンや賢治の作品世界をパネルや資料、映像で紹介する展示、最新研究成果の展示などがある。一度足を運んだことがある方もリニューアルして変わった記念館を見に行ってみては。 宮沢賢治記念館

TEL/0198-31-2319

住所/岩手県花巻市矢沢1-1-36

営業時間/8時30分~17時(最終入館16時30分)

料金/大人350円、高校・大学生250円、小・中学生150円

定休日/12/28~1/1

アクセス/釜石道花巻空港ICより10分

駐車場/40台

「宮沢賢治記念館」の詳細はこちら

3.宮沢賢治童話村・賢治の学校

記念館と続けて宮沢賢治の世界を堪能しよう

万華鏡のような賢治の学校「宇宙の部屋」

映像や音など様々な形で宮沢賢治の世界を楽しめる

メイン施設「賢治の学校」では、映像や効果音、照明を使い童話や詩の世界が表現されている。ほかに、動物や植物などの展示がある「賢治の教室」、散策路などの施設からなる。 宮沢賢治童話村・賢治の学校

TEL/0198-31-2211

住所/岩手県花巻市高松26-19

営業時間/8時30分~16時30分

定休日/12/28~1/1

料金/大人350円、高校・大学生250円、小・中学生150円

アクセス/釜石道花巻空港ICより10分

駐車場/86台

「宮沢賢治童話村・賢治の学校」の詳細はこちら

4.渡り温泉 別邸楓

花巻観光の最後は温泉に浸かってリラックス

星空が美しい、渡り温泉 別邸楓の露天風呂

自然に包まれた渓流沿いの宿。露天風呂のほか、翡翠を総張りにした湯船の大浴場、隣接するホテルさつきのお風呂で湯めぐりを楽しんでも。庭園を眺めながらの食事も好評。 渡り温泉 別邸楓

TEL/0198-25-2110

住所/岩手県花巻市湯口字佐野21-8

アクセス/東北道花巻南ICより15分

駐車場/250台

「渡り温泉 別邸楓」の詳細はこちら

まとめ

以上、花巻を観光する際のおすすめスポットを紹介しました。文学の世界を堪能し、温泉につかって疲れをとるという、まったりリラックスできる旅が花巻では可能です。

今年の冬の旅行の候補地に、花巻を検討してみてはどうですか?

※この記事は2015年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

3000個のキャンドルが幻想的♡下呂温泉の冬観光で、温泉デートしませんか?
一生に一度は行きたい!旅のプロが厳選『大人の隠れ宿5選』
一面の雪景色!冬の下呂観光は、雪原ハイキングがおすすめ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP