ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

破水して病院へ! 緊張で涙する妻、緊張?で道を間違える夫 by のばら 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どうも皆様こんにちは。

のばらでございます。

3回目となる今回は、夜中に突然破水かました私

青ざめた嫁に突然破水宣告された夫

てんやわんやっぷりをお話しさせていただきたい。

とにかく突然のことに慌てながらも

まずは病院に連絡致しまして

「すぐにいらしてくださーい」と言われましたアタクシは

自分の下半身にバスタオルを二枚ほど巻いて

主人の運転する車に乗り、

病院への道を急いだのでございます。

怖い!

 

これから自分を待つであろう

想像もつかない未来に

不安と動揺が隠しきれなかったアタクシは

病院に向かう道中

思わず涙をハラリと零すのでございました。

そんな私を見た主人が、

普段は毒舌ばっかりの

失礼極まりない主人が

「大丈夫」と、しっかりと握ってくれた手。

その時の私にとって

どれほど心強いものでしたでしょう。

あぁ、こんなビビリの私を

彼はいつでも冷静に受け止めて支えてくれる。

普段の雑な扱いもきっと優しさの裏返し。←ポジティブ。

チャラにしてあげよう。

与えてくれるこの安心感に

頼りがいのあるこの人に

私これからもおバカな「フリ」をしてあげよう。←ポジティブ②。

そんな阿呆なこと考えてた矢先。

病院通り過ぎやがってね、彼。

 

慌ててUターンして病院へと辿り着いたのでございますよ。

あ、なんだ。

旦那も緊張してるんだ。

なんて思ったら

なんだか笑えてきてしまって。

ほんの少し

ほんの少しだけ

不安だった心が和らいで

落ち着いて病室へと向かった

アタクシなのでございます。 

さて、いよいよ病室へと到着した私が

着いて早々渡されたもの。

紙オムツ!

 

まぁ考えてみりゃそうでございますね。

アタクシ破水しておりますもの。

 

病院着いたらなんかバタバタして

あれよあれよと言う間に分娩台に乗って、「いざ!」

みたいな想像をしていたアタクシでございましたが。

子宮口もろくすっぽ開いておりませんでしたし、

さらにこの時はたいした痛みもございませんでしたので

とりあえず安静にして陣痛が来るのを待ちましょう。

ということになったのでございます。

「行かないで」アピール、大・失・敗!!

アッサリ帰宅した夫。

あんにゃろうやっぱり緊張なんかしてなかった。

出産を間近に控えた妻に

怒りという一番余計な感情だけを植え付け

部屋を後にした主人なのでございました。

無事に出産なるか!?

著者:のばら

年齢:31歳

子どもの年齢:4歳・2歳

マイペースな女優園児とツンデレなイヤイヤ期の姉妹の母。

育児絵日記ブログ「キミがお嫁に行くまでは~ムスメ 初級編~」を更新中。鼻唄・足のサイズ・独り言・体の横幅など、全体的に大きくなってる気がするけど気にしないよ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP