ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー:』予告編を数秒ごとに完全徹底解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然!『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』の予告がオンラインで公開されました!(これはまだアメリカ版で、日本版はまた異なるかもしれません)

https://youtu.be/43NWzay3W4s

見応えはあるけれど、大変衝撃的な内容。皆さんと一緒に少しチェックしていきたいと思います。

まず全体的に言えるのは、ウィンター・ソルジャー(バッキー)の存在が、大きくクローズアップされているということです。

アイアンマンとキャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーの”三角関係”とでも言うべき内容です。

つまり、本作は『キャプテン・アメリカ VS アイアンマン』『アイアンマン4』『アベンジャーズ2.5』的な魅力を持ちながらも、あの名作にして傑作『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』の正統な続編なのです!

では秒ごとに解説を。

7秒:
キャプテン・アメリカ=スティーブ、ファルコン=サムがウィンター・ソルジャーことバッキーを見つけます。『アントマン』のエンド・クレジット・シーンの続きですね。
どうやらバッキーは記憶を取り戻しているが、追われる身。それをキャプテンたちがなんとか救おうとしているのでしょう。『アントマン』のエンド・クレジット・シーンでは、「”協定=The Accords”がある以上、トニー(アイアンマン)の助けは期待できない」という会話がなされていました。
この”協定=The Accords”とは? これがこの予告動画の56秒目に登場。

27秒:
ほんのちょっとですが、ソルジャーたちの中央に黒い影。最初は、ブラックパンサーと思ったのですが、これが悪役クロスボーンのようです。そう『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』に登場した、シールドにもぐりこんでいたヒドラ党員でかなりの戦士、ラムロウが復活した姿。今回は怖いマスクを被った、いかにもスーパーヴィランとして登場。

41秒:
ヘリコプターのインサート。重要な人物がやってきたことを示唆?

42秒:
『インクレディブル・ハルク』で、ハルクを追い詰めていたロス将軍が再登場!(演じるのは同じくウィリアム・ハート)。軍服を着ていないから、政府の要人になったのか?
彼は「ヒーローたちは危険なビジランテ=自警団員でもあるから、なんらかの規制が必要だ」みたいなことを言う。

49秒:
アベンジャーズの基地。あれ、『アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン』の最後に出てきた基地と少し外観変わった?また新たな基地?

56秒:
ここでロス将軍が、机の上に置く分厚い文書(42秒目からのセリフとつながっています)。
この文書のタイトルが(静止してよーく観ると)、”Sokovia Accords”と書いてある。ソコビア協定……ソコビアというのは『アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン』に出てきたあの街(国)です。
原作コミック『シビル・ウォー』の設定や、このロス将軍のコトバから推測するに、『アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン』の一件で、「ヒーローは危険だ」という世論が高まり、それで、ヒーロー行為を政府が監督する”ソコビア協定”というものが発令された……そういうことでしょうか?

1分8秒:
その前後からブラック・ウィドウのセリフがかぶりますが、ここでキャプテンと電話で話をしている。ブラック・ウィドウは、キャプテンのことを心配しているし、ひそかに連絡をとっている。発表されている映画の設定では、ブラック・ウィドウは、アイアンマン側ですが、もしかしてキャップ側のスパイ?

1分13秒:
キャプテンが盾をおさめる。『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』でも戦い続けたキャプテンが投降?

1分18秒:
アイアンマンことトニー登場。右目にあざ?ということはすでにキャプテンたちと戦った?

1分22秒:
ここでキャプテンと対峙する、いかにも政府の権力者風の男が、マーティン・フリーマン演じる謎の役。どこかの国の”首相”という説もあり、実は『アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン』で、アンディ・サーキス演じる武器商人が電話で話していた”首相”というのが、このキャラだという説も!?

1分34秒:
空を駆けるファルコン!あ、翼のカラリングが派手に!より原作コミックに近くなったような。

1分42秒:
IFIDと書かれたトラックが出てきます。恐らくInstitute for Infectious Diseases(感染症研究所) 何らかの生物兵器をめぐる戦い?

1分51秒:
お待たせしました!!ブラックパンサー登場です!!!この後 ウィンター・ソルジャーと戦ったり、キャプテンとチェイスしたりします。

1分52秒:
チーム キャプテン・アメリカです。アントマンどこかにいるのかな?
あああ!!スカーレット・ウィッチが空飛ぼうとしている!飛行能力開花!?

1分54秒:
キャプテン・アメリカとブラックパンサーのチェイス!このブラックパンサーの脚力から考えても彼が超人とわかります。

2分4秒:
この予告で、ちょっとショックだったシーン。ウォーマシーン死んだ???

2分10秒:
切なく、そしてこの予告編最大のハイライト、アイアンマン VS キャプテン・アメリカ、ウィンター・ソルジャー。
このシーン、アイアンマンがかわいそうになりました。アイアンマン=トニーの「(僕と君=キャプテン・アメリカは)友だちだったハズ」というセリフがかぶるのでなおさらです。

いかがでしたでしょうか?

あ、そう言えばビジョンが、この予告には出てこない。

あとこれは明らかに違うと思うのですが、1分34秒のファルコンが飛ぶシーンに、赤い人影が写っていて、これがスパイダーマンという説もあります(笑)

個人的には、この予告の最後である2分16秒のところの、キャプテン・アメリカの形相が印象的でした。あのキャプテン・アメリカが、こんなに憎しみに満ちた表情をするなんて!一体、キャプテン・アメリカになにが!?

なおマーベルはポスターも発表しました。全部で3種類です。

(参照:marvel.comsupi.wablog.com

この宣伝コピー=DIVIDED WE FALLは、「分裂すれば倒れる」という意味です。

英語には、”United we stand, divided we fall. “「団結すれば立ち、分裂すれば倒れる」というコトバがあるらしく(英語ことわざ教訓事典 安藤邦男著からの引用)、そこからとったのでしょうね。

早く劇場の大画面で、この予告を観たいです!

テキスト/杉山すぴ豊

参考:2016年GW公開『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』詳細!ヒーロー、ヴィランが大交錯?

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集

関連記事リンク(外部サイト)

アイアンマンVSキャプテン・アメリカ&ウィンター・ソルジャー!ちらっとブラックパンサー 映画『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』予告編

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP