ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「キツめで高飛車だけど実はドM」はありえるか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 恋愛がうまくいかなかったり、そもそも女性と人間関係を作ることが苦手な人ほど、相手から「女心がわかっていない」と言われることが多いはずだ。
 しかし、そもそも「女心」とは何か、という問いに答えはあるのだろうか?

 新宿・歌舞伎町のホストクラブ「Club Romance」でカリスマホストとして名を馳せる信長氏は「いい女ほどドM」と、女性の本質的な性質が「M」であるとして、その部分を理解することで彼女たちを惹きつけることができるという。この「M」というのは、「女心」を理解するための一つのキーワードかもしれない。

■高飛車なのに「ドM」はありえるか?
 ただ、信長氏のいう「ドM」とは性的嗜好とは別もので、普段職場や学校など公の場で見せる姿とも違う。あえていうなら、性格や嗜好を超えた生物的な特性に近いニュアンスがある。
 ホストとしての経験からしても、バリバリ仕事をこなすキツい感じの女性でも、その見かけ上の「S」っぽさは本性ではない、ということは珍しくないようだ。男性優位の社会で仕事をこなしていくため、つまらない男を寄せ付けないため、女性たちはさまざまな理由で「Sの仮面」をかぶる。つまり、外では高飛車な女性が家に帰ると男性に奉仕し、無償の愛を与える「ドM」であっても不思議はない。問題は、安心して「M性」をさらけ出せる男性がいないこと。
 女性が「S」になるのは周囲の男性への失望の表れとも言えるのだ。
 だとすれば、男性に求められるのは「S」っぽさだ。それを理解し、上手に発揮して、女性の「M性」を引き出すのが「モテる男」であり、「女心がわかる男」なのである。

■男に求められる「Sっ気」とは
 では、男性に求められる「S性」とはどのようなものなのだろうか。
 それは自分勝手にふるまうことではないし、もちろん女性に暴力を振るうことでもない。繰り返すが、ここでいう「SとM」は性的嗜好の話ではない。
 信長氏によると「S性」とはひとことでいえば「男らしさ」だ。いつでも堂々としていて、自信があり、女性をひっぱっていく男らしさこそ、女性たちが心の底で求めている男性像だと氏は主張する。相手の心証を害することを恐れて言いなりになってしまう男性を、女性は本心からは信頼しないのだ。
 信長氏は『いい女はドMが9割』(サンクチュアリ出版/刊)で、女性の「M性」を解放させる男性のふるまいや考え方を具体的に取り上げ、その効果を解説している。
 意中の女性に振り向いてもらえない人、女性と信頼関係を築けない人は、容姿でも能力でも才能でもなく、男性ならではの「Sっ気」が欠けているのかもしれない。
 しかし、それらは今からでも変えることができ、信長氏はそのヒントを的確に示してくれている。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
結果を出す男の“おごり方”おごられ方”とは?
デキる男はやっている、信頼される人になる方法
仕事がデキる人ほど“ダラダラしている”って本当?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP