体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「真のグローバル人材」とは?鍵は英語力ではなく、意識改革!

Photo Credit: Haruna Lucy Mori「フィリピンセブ島1番のお祭りシヌログ」

Photo Credit: Haruna Lucy Mori「フィリピンセブ島1番のお祭りシヌログ」

こんにちは。TRiPORTライターの冒険女子アオノトモカです。
近年「グローバル人材」といった言葉をよく耳にしますが、その定義は非常に曖昧だと感じます。まず大前提として英語でコミュニケーションをする能力があり、海外でも仕事ができる人…、といったボヤっとしたイメージではないでしょうか。しかし、私がアメリカとフィリピンに長期滞在し、様々な国を旅した経験から見えてきた「真のグローバル人材像」は、このような一般の認識とは少し異なります。

英語力よりも「恐れぬ心」と「伝えようとする姿勢」

「高い英語力=高い国際コミュニケーション能力」と思っている人は多いかもしれません。しかし実際は英語が話せるからといって、必ずしもコミュニケーション能力が高いとは言えないと思います。失敗を恐れて黙ってしまったり、教科書通りのつまらない会話しかできなければ、相手の頭に内容は伝わっていたとしても心には伝わりません。

一方、英語がペラペラでなくても、単語を並べたりジェスチャーをしながらコミュニケーションを取れる人もいます。英語が話せない日本のおばちゃんが外国人観光客と、日本語と英語で会話が成立している場面を見たことがある人もいるのではないでしょうか。これこそが、真の国際コミュニケーション能力だと思うのです。

失敗を恐れぬ心、そして相手とコミュニケーションを取ろうとする姿勢は、英語力よりも大切です。そもそも、海外には英語が流暢に話せない人もたくさん存在します。そういった人々とコミュニケーションを取るときこそ、「恐れぬ心」と「伝えようとする姿勢」はさらに重要です。

空気を読むよりも、主張する力

Photo Credit: 写真AC

Photo Credit: 写真AC

日本人は子供の頃から空気を読み、いかに集団の調和を保つかが重要視されるような教育を受けます。そのため日本人は相手の心を察したり、空気を読んで物事をスムーズに運んだりする力が非常に長けていると感じます。それはとても素晴らしいことです。しかし時として、海外では自分の意見を主張しなければ、誰かの言いなりになって終わってしまうことも多くあります。

日本人同士では相手の思っていることを察しながら、はっきりと意見を交わさなくてもコミュニケーションが成立するケースが多くありますが、海外では言葉に出さなければ基本的には誰も察してくれません。日本人の特技である「集団の調和を保つ力」を活かしながら、うまく自分の意見を主張するのはなかなか難しいことではありますが、特にビジネスの場においては非常に重要なスキルだと思います。

価値観の違いを理解し、受け止める

Photo Credit: いなもん「ムンバイの電車を乗りこなそう」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会