ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メアリー・ケイトが17歳年上と結婚。決め手はお父さんのような包容力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外ドラマ『フルハウス』でお馴染みの、キュートな双子のオルセン姉妹。その片割れであるメアリー・ケイト・オルセンが、このたびなんと17歳年上の彼氏と結婚しました
華麗な恋愛遍歴を重ねてきたメアリー・ケイトが最後に選んだ相手は、親子ほど年の離れた大人の男性でした。
恋に、仕事に、人生に奮闘するアラサー女子を癒してくれるのは、人生の酸いも甘いも知り尽くした、包容力のある「お父さん」タイプの男性のようです。

最後に選んだのは、すべてを包み込んでくれる人

29歳のメアリー・ケイトに対し、お相手の男性は46歳の銀行マン、オリヴィエ・サルコジ氏。まさに父と娘といっても不思議ではないほどの年齢差ですが、ふたりは3年の交際を経て、見事ゴールインしました。
20代のころは様々な男性と交際し、いつも相手に振り回されては、破局を繰り返してきたメアリー・ケイト。なんでも、交際相手をあのパリス・ヒルトンに略奪されたこともあるのだとか! また、自己犠牲型の恋愛を繰り返してきた彼女は、摂食障害に苦しんだ過去もありました
若くして成功したプレッシャーと重圧も相まって、人生のどん底ともいえる時期に出会ったのが、すべてを包み込んでくれる、まるでお父さんのような男性だったのです。

人生経験豊富な大人の男性の魅力とは?

20代の間は、刺激のあるドラマティックな恋愛を好む女性が多いもの。それに合わせて、恋愛も見た目から入りがちです。
しかし、30歳に近づくにつれ、ドキドキよりも「癒されたい、安心したい、守られたい」といった願望が高まってきます。とくに昨今のアラサー女子は、仕事もプライベートもバリバリ頑張るタイプが多く、なにかと疲れ気味。
そんな自分を理解して、見守ってくれるのが、サルコジ氏のような「お父さん」な男性なのです。「理解して見守りながらも、いざという時は守ってくれる」、その懐の大きさに、アラサー女子は癒しと安心感を覚えるのではないでしょうか。人生を一回りしているからこそ、ガツガツしていない、余裕があるところも魅力です。

歳を重ねて分かる、「お父さん」な男性の醍醐味

若いころは、父親ほど年の離れた男性との恋愛はあり得ない!と思っていても、年を重ね自分自身も変わっていくと、「お父さん」な男性と付き合う醍醐味がわかってくるのかもしれません。
仕事や人間関係で疲れたときには、歳上彼氏に思いっきり甘やかしてもらう……なんてのも素敵です。
s_bukley via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・オールブラックコーデをただの「真っ黒」にしないためには
・「同世代の彼氏」だからこそ抱えるギクシャク感の正体
・妄想女子に注意【12月4日】クリスマス☆ラブアドベントカレンダー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP