ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オールブラックコーデをただの「真っ黒」にしないためには

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬に着るアイテムは、どうしても黒っぽいものが多くなりがち。それなら、全身ブラックでコーディネートする「オールブラックコーデ」で、逆におしゃれ偏差値を上げてみては?
ただこのコーデテク、「なんか真っ黒……」というべたっとした印象にもなりがち。そうならないために一番大切なことは、「抜け感を出す」ということ。
ちょっとしたことでできる抜け感の出し方、覚えておくと使えます!

小物を白で統一する

A photo posted by #EMODA #EMODAGLOBAL (@emoda_official) on Nov 23, 2015 at 9:58pm PST

上下は黒で統一させたコーデで最も簡単に抜け感を出す方法は、小物のカラーを変えること。カラフルなものを持ってくるのもいいですが、ここはエッジィさをキープすべく白やグレーを投入するのがおすすめ。
グレーだと上品な印象に、白だとそのコントラストの強さでトレンド感ある印象に仕上げることができます。
小物として投入するカラーは1色で統一することが、オールブラックコーデの世界観を失わないために重要なポイントです。

足首をちょこっとだけ見せる

A photo posted by 中村真里 (@_marinakamura_) on Nov 16, 2015 at 5:25am PST

上から下まで、そして小物までぜーんぶ黒じゃないとオールブラックコーデとは言えない!そんな場合に抜け感を作るには、「足首」がポイント
手首やデコルテを開けることで抜け感を作ってもいいのですが、この季節のスタイリングでわかりやすく抜け感をメイクできるのは「足首」。
そこで使えるアイテムがブーティショートブーツ。寒々しくならないように、ほんの少しだけ見せるだけでOK。全部おおってしまうのとは、随分印象が違います。

カラーリップを際立たせる

A photo posted by ENA MATSUMOTO (@ena1123) on Nov 11, 2015 at 10:40pm PST

でも本当に寒い朝なんかは、足首のちょこっと見せすら耐えられない……という寒がりの人におすすめな抜け感メイクの方法は、リップで鮮やかなカラーをオンするということ。
だいぶ浸透した印象の赤リップはもちろん、これからのパーティシーズンにまわりと差をつけるには、あえて甘めなピンクのリップにしてみるのもアリ。
ほんのすこしの気遣いで、オールブラックコーデをすっきりとした印象に着こなすことができます。早速明日からトライしてみて!
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・メアリー・ケイトが17歳年上と結婚。決め手はお父さんのような包容力
・「同世代の彼氏」だからこそ抱えるギクシャク感の正体
・妄想女子に注意【12月4日】クリスマス☆ラブアドベントカレンダー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。