体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひとりの人間としてのジョン・レノンに触れられる名盤『イマジン』

ビートルズ時代、新聞や雑誌、テレビをはじめとするメディアに、興味本位による虚像を作り上げられたジョン・レノン。もちろん、彼の苦悩がどれほどのものか我々凡人には知る由もないが、ビートルズ解散後にリリースされた初のソロアルバム『ジョンの魂』(’70)は、一般のリスナーにも彼の本当の人間性が理解できるような仕上がりになっていて、表現者としてのジョン・レノンの天才ぶりがよく分かる大傑作であった。そんな彼がソロ第二弾として送り出した作品が本作『イマジン』。前作と比べると、70年初頭に大流行した内省的なシンガー・ソングライター的表現が強くなってはいるが、アルバムとしての完成度はさらに増している。本作がジョン・レノンのソロ時代における代表作だと言い切ってもよいだろう。彼の内面の叫びがビシビシと伝わってくる傑作だ。

John Lennon『Imagine』のジャケット写真 (okmusic UP's)

優れたロック作品が次々にリリースされた70年代初頭
1950年代の終わり、ポピュラー音楽界に華々しく登場したのが“ロックンロール”という新しい音楽。このロックンロールは多くの偉大なミュージシャンたちによって研ぎ澄まされ、60年代に大きく飛躍したのだが、進化の中で登場したビートルズとボブ・ディランが大きな役割を担うことになった。彼らの実験的かつ真摯なアルバム制作にインスパイアされた若者たちが育っていくことによって、まだまだいろんな場所で火種がくすぶり続けていた。
60年代中頃には、ビートルズやボブ・ディランに影響を受けたミュージシャンたちが音楽シーンに参入し、1968年から1971年あたりには、すでに現在のロックとさほど変わらない形態になっている。僕は、この時代こそがロックが完成する爆発的な4年間だったと個人的には考えている。この4年でハードロック、ヘヴィメタル、プログレ、フォークロック、パンクロック、ポップロック、ブルースロックなど、現在のロックのスタイルのほぼ全てが出揃っている。ないのはラップぐらいではないか?…と思えるほど、多種多様化な革新的なアルバムが登場している。

ビートルズ解散後、裸になったジョン・レノン
こんな中、激動の70年にビートルズは解散し、個人名義では初の作品となる『ジョンの魂』では、彼のパーソナルな人間性を表現するために、必要最小限のシンプルな演奏をバックにつけて、ある曲では静かに、ある曲では激しく、素のジョン・レノンをリスナーに伝える努力をしていた。それはスーパースターとなってしまったビートルズ時代の作り上げられた虚像に終止符を打つため、また自分の正直な気持ちを披露するための挨拶や再スタートといった意味もあったのだろう。『ジョンの魂』は荒削りなサウンドの中にも彼の優しさがしっかり伝わる、ロック史に残るアルバムとなった。

『イマジン』の手法と音づくり
『ジョンの魂』の表現方法は、1年後にリリースされた本作『イマジン』でも踏襲されている。ちょうどこの頃、キャロル・キング、ジェームス・テイラー、エルトン・ジョン、ニール・ヤングらに代表される、シンガー・ソングライター(SSW)と呼ばれる自作自演のミュージシャンたちが登場してきたのだが、彼らの手法が“個”の自分を等身大に表現するのに適していたスタイルであっただけに、ジョンも彼らの制作方法を見習って、手工業的な作品づくりを目指していたように思う。
『イマジン』では前作よりもストリングスが随所に使われており、フィル・スペクターの関与が前作より大きくなっているのは間違いない。アルバムの参加メンバーが前作より多く、ジョンだけでコントロールするのが難しかったのかもしれないが、信頼しているスペクターにプロデュースを任せることで、自分は歌と演奏に集中したかっただろう。前作同様、ベースはクラウス・フォアマンでドラムはリンゴ・スターからアラン・ホワイト(のちにイエスに加入)にスイッチ、ピアノにはニッキー・ホプキンス、ギターにジョージ・ハリスン、サックスにはキング・カーティス、そしてビートルズの弟分、バッドフィンガーからジョーイ・モランドとトム・エヴァンズも参加している。
本作では、『ジョンの魂』と比べ、意識的にかなり泥臭い音づくり(特にジョージが参加した曲)になっている。当時ジョージ・ハリスンはブルースやカントリーをルーツにしたスワンプロックがお気に入りであったから、その影響がジョンにも及んでいたのかもしれないが、どちらにしても、ジョンは参加メンバーと十分にコミュニケーションしながらスタジオでの作業を行なったことが推測される。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy