ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「第22回日本プロ音楽録音賞」、ビクタースタジオが21年連続で最優秀賞を受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4日、東京・目黒雅叙園にて行われた「第22回日本プロ音楽録音賞」授賞式にて、ビクタースタジオは、ミキシング・エンジニア高桑秋朝氏とマスタリング・エンジニア川崎 洋氏が関わった作品がCD部門「ポップス・歌謡曲」にて最優秀賞を、併せて2つの優秀賞も同時に受賞した。これらの受賞を受け、第2回以降、今回に至るまで21回(年)連続で受賞するという快挙を成し遂げた。

ビクタースタジオでは近年、音質にこだわる独自レーベル<VICTOR STUDIO HD-Sound..>を2012年に立ち上げ、昨年はハイレゾ音源専門の配信サイト<VICTOR STUDIO HD-Music.>のサービスを開始した他、圧縮デジタル音源の高音質化技術<K2テクノロジー>を活用した多角的な事業を展開している中で、コア事業となる録音・マスタリング事業においても改めて存在感を示すことになった。

日本プロ音楽録音賞は、他にCD部門「クラシック・ジャズ・フュージョン」、ハイレゾリューション部門「2chステレオ」「マルチch サラウンド」、放送部門「2chステレオ」「マルチchサラウンド」から部門毎に最優秀賞と優秀賞が選出された。

今回、ビクタースタジオが受賞した作品とエンジニア・スタッフは以下の通り。

■最優秀賞/CD部門 「ポップス・歌謡曲」
作品 「こううたう」より「桜坂」/柴咲コウ (ビクターエンタテインメントより発売)
◎ミキシング・エンジニア:高桑 秋朝 (ビクタースタジオ)
◎マスタリング・エンジニア:川崎 洋 (ビクタースタジオ/ FLAIR MASTERING WORKS)

■優秀賞/CD部門 「ポップス・歌謡曲」
作品 「Kiss The Sun」より「Time After Time」/SHANTI (日本コロムビアより発売)
◎ミキシング・エンジニア:谷田 茂 (ビクタースタジオ)
◎マスタリング・エンジニア:川崎 洋 (ビクタースタジオ/ FLAIR MASTERING WORKS)
◎レコーディング・エンジニア:山田 幹朗 (ビクタースタジオ)
◎レコーディング・エンジニア:渡邊 佳志 (ビクタースタジオ)

■優秀賞/ハイレゾリューション部門 「2chステレオ」
作品 「TOMA Ballads 4」より「What Are You Doing The Rest Of Your Life」(TOMA MUSICより発売)
◎マスタリング・エンジニア:袴田 剛史 (ビクタースタジオ/ FLAIR MASTERING WORKS)
◎アシスタント・エンジニア:八反田 亮太 (ビクタースタジオ)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP