ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アメリカン・ミュージック・アワード】関連曲のダウンロードとストリーミングが大幅UP

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 【アメリカン・ミュージック・アワード2015】(AMA)で披露された曲が、ダウンロードとストリーミング両方のセールスを大きく伸ばしていることが、ニールセン・ミュージックの調査により明らかになった。同ショーのパフォーマンスで演奏された購入可能な曲(ニューリリース曲やiTunesの“コンプリート・マイ・アルバム”を利用した場合を除く)が、11月26日までの週間調査において63%アップしたという。

 同週における出演アーティスト達のトータル・ダウンロード数は米国内で45万2,000となり、中でもセレーナ・ゴメスの「セイム・オールド・ラヴ」(74%アップの8万1,000回)、デミ・ロヴァートの「コンフィデント」(71%アップの5万回)などは大幅な上昇をみせた。

 ストリーミングにおいては、ショーで披露された曲(ストリーミングされていないマックルモア&ライアン・ルイスの「Kevin」は除外)は、米国内のオンデマンド・ストリーミング・サービスで全体で3%上昇し、1億1,720万回となった。

 ちなみに今回の調査では、【AMA】で披露されたセリーヌ・ディオンによる「愛の讃歌(Hymne a L’amour)」とペンタトニックスによる映画『スター・ウォーズ』トリビュートは、どちらのアーティストも自身のバージョンをリリースしていないため、それぞれエディット・ピアフの同有名曲(愛の讃歌)とジョン・ウィリアムズによる「スター・ウォーズのテーマ」を対象としている。

関連記事リンク(外部サイト)

マイリー、マドンナの顔に切り傷やアザが……DV啓発キャンペーンで
ロックスター達の写真をファンや写真家から集めたウェブサイトがローンチ
有名コメディ俳優が娘の米HOT ROCK SONGSチャート1位を祝福

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP