体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

我が家の保活体験記〜認可保育園に入るまで〜

はてさて、「保活の秋」からもうすっかり冬になってしまいましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。12月になり、保育園の入園申し込みを行われた方も多いのではないのでしょうか。どこにしようかと日々検討を重ねるママやパパたち、小さいお子さんを連れての保育園の見学、本当にお疲れ様です。

筆者も昨年保育園探しにずいぶん苦労しました。今でこそもうすぐ2歳になる娘を認可保育園に預けられていますが、保育園探しは失敗もしました。前回の記事で、「どうして保育園は足りないのか?」という問題を取り上げさせていただきましたが、今回は私のような苦労はしてもらいたくないので、それらの体験談、それから実際に保育園に入れてみて、ということをお伝えできれば、と思います。

前提として、我が家は東京都在住。日本で2番目に待機児童が多いと言われる大田区です。1歳児の4月入園を希望していました。保活当時は夫婦ともに外勤のサラリーマンでした。

f:id:r_kihara:20151204161846j:plain

保育園探しで失敗したこと

 我が家は保育園探しを始めた時期がとても遅くて、4月入園を目指しているのに、見学を始めたのがだいたい11月下旬とかでした。パンフレットは持っていたものの、何から始めたらいいのかイマイチわからず、遅くなってしまいました。

で、まず最初に失敗したのがこれ。

新規募集人数がないところを見学してしまった

 とりあえず保活というものは、保育園の見学をして、いいと思った保育園を申し込むところからだ・・・!というのがわかったところで、まず自宅近くの保育園の見学に行ってみました。

実際に行ってみたのはいいものの、周りは娘より小さい月齢の子ばかり。よくよく聞いたら、どうやらこの保育園は0歳児から入れる保育園で、1歳児の定員は0歳児から持ち上がってきた子たちで満員になるらしく、0歳児の誰かが途中退園しないと1歳児の入園はできない、と。

ええええ!

いやいやもっとちゃんと調べてから行けよ、と自分に言い聞かせましたが、単純に1歳児の定員12名、みたいなのだけを見てしまっていました。0歳児の定員の部分を見て、持ち上がりが何人いて、新規入園できる人数は何人なのか、という点を無視してしまったんですね。

これが、2歳児、3歳児入園が難しいと言われる所以か・・・!と思ったのでした。

皆さんも、希望している年齢の『新規募集人数』をしっかり見ることを忘れないでください。

認可保育園しか見ることができなかった

これは保活を始めた時期の遅さの問題もありましたが、「とりあえず認可保育園から」と思って、他の認証保育園とか、小規模保育は全然見ることができませんでした。

実際、私も今になって思うことは、保育園って色々な形態があり、『認証保育園のほうが保育料は高いけれど、融通は効くよ』、とか、『小規模保育の保育ママさんなんかも、お母さんが見るような家庭的な保育でいいよ』とか、そういう話を聞くようになりました。

一概に認可保育園だけがいいというわけではなく、どこも得意不得意があると感じるので、なるべく色んな保育園を見て、家庭によってベストな保育園を見つけることができればいいなと思います。

保育園探しのポイント

 ここからは、一経験談として、保育園探しの際、とりわけ希望の保育園を出す際のポイントを挙げたいと思います。

優先順位を決める

 希望の保育園を役所に提出するとき、どこを第一希望に出そうか、その下の第二希望はどうしようか、悩みますよね。とはいえ、候補の保育園はたくさんあるかもしれませんが、結局入園できる保育園は1つだけです。

どれだけ見学に行ったって、第10希望まで書こうが、結局入園できるのは1つです。

そのため、何を大事にするのか?夫婦で話し合って決めることが大事だと思います。

・自宅からの通いやすさから、近い保育園に申し込むのか?

・教育をしっかりやってくれるところを、優先的に申し込むのか?

・延長保育を積極的にやってくれているところになるのか?

・とにかく確実に入れそうな保育園に申し込むのか?

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。