ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungはGalaxy S7でヒートパイプを使用し、冷却効率を向上?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S7」に組み込むためのヒートパイプのサプライヤーを積極的に探していると、台湾メディアの 聯合晚報 が伝えました。ヒートパイプはプロセッサ周囲の熱を拡散するための冷却部品で、PC 製品では古くから使用されており、2 ~ 3 年前からは一部のスマートフォンにも採用されています。伝えられているところによると、Samsung は Galaxy S7 の発熱を抑えるために様々な素材・形状のヒートパイプを試験しているらしく、聯合晚報はヒートパイプの採用は決定的だと伝えています。また、(Qualcomm は認めていませんが) Snapdragon 810 や Snapdragon 820 には高温になりやすいという報道などもあり、Galaxy S7 では Snapdragon 820 モデルもあると噂されているので、そのモデルにおける発熱を抑えるためにヒートパイプなどの冷却部品は必須との見方も出ています。Source : UDN

■関連記事
KUROCK出版、スマートフォンのマナーやスキルなどをラップとイラストを駆使して紹介した「スマート本」を発売
HOYA、「AQUOS Compact SH-02H」「Disney Mobile on docomo DM-01H」「Arrows NX F-02H」用の液晶保護ガラスパネル「Z’us-G」を発売
ヤフー、今年復活した「M-1グランプリ」をスマートフォンから採点できる視聴者參加型企画を実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP