ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「それでもオトナですか?」学生目線の地下鉄マナー広告が深い・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く考えさせられるもの。

大人なのに…
学生は、こう考えています

2015年11月より、札幌市営地下鉄の駅などに掲示されている、こちらの2枚作品。作成したのは、それぞれ札幌平岸高等学校デザインアートコースの学生です。
札幌市交通事業振興公社が高校生を対象に「学生から大人への呼びかけ」をテーマに、マナーポスターの応募を実施。大人にはない彼らの視点に、気付かされる部分が多いのでは?

従来の視点を逆手にとった
学生ならではの見え方

車内での通話、ヘッドホンからの音漏れ、お化粧…。実際、迷惑行為に大人も子どもも関係なかったりします。でも、これまでのマナー啓発広告と言えば、大人が迷惑に思う若者(学生)の行動に焦点を当てたものが多かった。その意味では、従来のイメージを完全に逆手にとり、「最近の若者は…」のカウンターパンチとなる、学生から大人への“注意書き”といったところではないでしょうか。

ラッピングバスに
映画館の館内CM
道内屈指の美術系学生たち

ところで、平岸高等学校のデザインアートコースは、普通科でありながら道内でも指折りの美術系進学校として、人気なんだとか。海外研修をはじめとする様々なプログラムばかりか、官民連携プロジェクトへの積極的な参加で、学生たちが日常的にデザインを行う場も充実しているようです。
実は彼ら、過去にも円山動物園とJR北海道バスのコラボ企画「ラッピングバス」のデザインに採用されたり、市内の映画館・札幌シネマフロンティアの「マナー広告動画」を担当するなど、数々の受賞歴や実績を持つ学生たち。今後の活躍にも期待です。

Reference:北海道札幌平岸高等学校
Licensed material used with permission by 一般財団法人札幌市交通事業振興公社

関連記事リンク(外部サイト)

タバコのポイ捨てを、劇的に減らした「看板」。その斬新すぎる仕掛けとは?
建築家が本気で考えた「難民用テント」。驚きの機能とは?
深刻化する「スマホ依存症」。風刺した作品に考えさせられる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP