体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

犯罪者の子供と自分の子供を遊ばせられる?

「犯罪者の子供と自分の子供を遊ばせられる?綺麗事言わないでよ」

なんとなくニュースを見ていたところ、コメント欄でこんな意見を発見しました。

【関連:釣り?教育虐待?知恵袋に投稿された子供の教育に関する相談が物議】

母と子の手

書き込まれていたのは、離婚を望む妊娠8カ月の妻に対し、「離婚するなら子供を堕ろせ」と堕胎目的で暴行を加えた元夫が逮捕された事件のニュース。妻は切迫流産の疑いがあることから即入院したものの、その後体調が安定し子供は無事。約2週間後に離婚が成立し、元夫は不同意堕胎致傷の疑いで12月2日に逮捕されました。

「最近こういう嫌な事件が多いな。」と読んでいただけなのですが、記事に並ぶコメントには「お子さん無事でよかった」「大切に育ててあげて欲しい」という応援のコメントともとに、「蛙の子は蛙。この子の将来を考えれば堕ろせばよかったのに。」「この夫の子を産みたいと思う母親の気がしれない」という辛辣な意見も目立ちました。

その中で凄く気になったのが冒頭のコメントです。二人の子を持つ親として、凄く考えさせられるなと。

■生まれた環境だけで人間性を決めつける?

人の意見は賛成する声もあれば、批判する声もあっていいと思います。
ただ、生まれた環境だけで人間性を決めつけるのには個人的に違和感を覚えます。

でも、ネットの意見を見る限りでは、「決めつける」という人も少なくない様子。さらに、実際その立場になった時には迷う人も多い雰囲気。

冒頭コメントに対しても、真っ向から立ち向かう人はおらず、「犯罪者の子供と自分の子供を遊ばせられる」という考えは、実際になると「綺麗事」というのが世間の本音のように見えて仕方ありません。

■同級生の父親は暴力団組長

これは私の経験になりますが、小中学校をともにした同級生の中に、暴力団組長の子供がいました。いつもはつらつとしていて、クラスでは人気者の部類だったと思います。

この環境を異常と思ったことはありませんし、親から「遊ぶな」と言われたこともありません。周りの友達含め誰も親のことは気にしていない雰囲気でした。一応当時からも近所の噂で知ってはいましたが、「へーそうなんだ」程度の話。友達は友達として子供同士は無邪気に遊ぶ環境だったのです。

そんな子供時代をすごして、大人になり、ふと好奇心からその子の親について調べたことがあります。
すると、中学校1年ぐらいの時に、その子のお父さんが逮捕されたという記事を見つけました。直接何かしたわけではなく、組員絡みで逮捕された様子。当時新聞などで報道されているので、周りの大人達はもちろん知っていたと思います。

しかしそんなことがあったとは、大人になるまで全く知らず。恐らく大人達が子供には知らせないでくれたのでしょう。そしてその頃を思い返しても「遊ぶな」と言われた覚えは一切ありません。

ただ、そういえば……と思うのは、ある時お母さんから「ちょっとしばらくはお家に遊びに行かない方がいいかもね。忙しいみたいだから。来てもらうかお外で遊ぶといいよ。」と言われたことぐらい。今思えば事件の頃だったのかも。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会