ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水面下では思惑が合致 米中南シナ海の睨み合いは出来レース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 南シナ海・南沙諸島の岩礁を続々と埋め立てて要塞化する中国に対し、米国は軍事的措置も辞さない強硬な姿勢をとっているかのように見える。だが、財団法人「ディフェンスリサーチセンター」専務理事の杉山徹宗・明海大学名誉教授は、南シナ海の覇権争いは「米中の“出来レース”に過ぎない」と警告する。

 * * *
 2015年10月下旬、中国の人工島建設で緊迫する南シナ海を米海軍のイージス艦「ラッセン」が遊弋(ゆうよく)、同11月8~9日には米空軍の戦略爆撃機B 52が人工島の周辺空域を飛行した。これを見た多くの日本人は「傍若無人な中国に対し、堪忍袋の緒が切れた米国がついに動いた」との印象を受けたのではないか。

 しかし、当地で米中が本格的に戦火を交える可能性は極めて低いだろう。米軍の作戦は米中が演出する「出来レース」に他ならないからだ。

 そもそも米中は過去100年にわたって友好関係を保っており、朝鮮戦争やベトナム戦争はあっても直接的に干戈(かんか)を交えたことはない。

 中国の大国化とともに両国の関係はより緊密となり、世界最大の外貨準備高を誇る中国は現在、約1兆2000億ドル(約147兆円)の米国債を保有している。中国の不安定化は米国経済にとって死活的な問題であり、あえて軍事衝突を引き起こすとは考えにくい。

 今や中国は米国にとって必要不可欠な巨大市場である。2015年9月に米国を公式訪問した習近平・国家主席はボーイング社から300機、計380億ドル(約4兆6900億円)分の航空機を購入すると表明。アマゾン、マイクロソフトなど米国を代表するIT企業のトップと面会して「相互依存関係」をアピールした。オバマ大統領も「中国からの投資が米国の雇用を支えている」と最大限のリップサービスを送った。

 さらに中国は、反米色の強い中南米諸国との貿易拡大や経済援助により、米国の「裏庭」への影響力を強めている。

 2014年暮れに中国は、中米地域で太平洋とカリブ海、大西洋をつなぐ全長278kmの「ニカラグア運河」の建設に着工した。40万t級の船舶が航行する運河の管理権を中国が握る。護衛のためとして人民解放軍を常駐させれば、米国の喉元に匕首(あいくち)を突き付けることになる。危機感を抱いた米国は急遽、長年不仲だったキューバとの国交回復交渉を始めた。

 経済力と軍事力を背景に急速に増長する中国と正面から衝突するより、揉み手で懐柔するほうが米国としても得策だ。ゆえに両国は表面上、正面衝突の危険を煽りながら、テーブルの下では固く手を握り合っているものと見て間違いないだろう。

 今回の南シナ海のケースでは2016年秋に大統領選を控える米国の内政事情も働いた。「自由・平等・民主・人権」を国是とする米国のオバマ大統領は南シナ海での中国の横暴に対抗し、「強い大統領」と「頼れる民主党」を国民にアピールする必要があった。ただし、大規模な艦隊の派遣がなかったことからも、今回の対立がジェスチャーに過ぎないことは明白である。

【プロフィール】杉山徹宗(すぎやまかつみ):東京都出身。1965年慶應義塾大学法学部卒。米・ウィスコンシン大学大学院修士課程修了。カリフォルニア州立大学非常勤講師を経て明海大学教授に就任(現・名誉教授)。(財)ディフェンスリサーチセンター専務理事、自衛隊幹部学校講師。著書に『中国の軍事力 日本の防衛力』、『「米中同盟」時代と日本の国家戦略』(いずれも祥伝社刊)など多数。

※SAPIO2016年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国 南シナ海の領土主張と同手法を尖閣に適用する可能性も
中国が最も嫌がるのは日本、インド、ASEAN合同軍事演習
中国軍 海南島に原潜秘密基地建設で南シナ海での対立激化か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP